お湯洗いがもたらす美肌効果とは?3ステップで肌トラブルを防ぐ!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

背中や顔のニキビ・・・かゆみに抜け毛・・湿しんなど、あなたのその肌トラブルは、洗いすぎが原因かもしれません!毎日、当たり前のように使う洗顔料やシャンプー、石けんが肌に及ぼす影響をご存じでしょうか?キレイにしよう、美肌になりたいと使っているものが、実は肌トラブルや老化の原因になっているとしたら・・・。
そこで、最近注目されているのが「お湯洗い」です。お湯だけを使った、「お湯洗顔」や「湯シャン」と呼ばれる、入浴法が大流行(だいりゅうこう)しています。しかし、お湯だけで本当に汚れが落ちるのでしょうか。今日は、お湯洗いがもたらす美肌効果とお湯洗いのやり方についてご紹介していきます。肌の弱いお子様にもおススメの入浴法ですので、小さなお子様をお持ちのママさんもぜひ読んでみてくださいね。

  1. その石けんが肌トラブルの原因?
  2. お湯洗いの美肌効果とは?
  3. お湯だけで本当に汚れが落ちる?
  4. お湯洗いのやり方

1.その石けんが肌トラブルの原因?

最近、ちまたにあふれる石けんや洗顔料、シャンプーがもたらす影響が懸念されています。環境や体に与える悪影響が問題となっているのです。
私たちが何気なく使っている洗顔料やシャンプーには、界面活性剤といわれる洗浄剤が含まれています。一部の洗浄剤には、汚れを落とす力が強すぎて、肌を守っている皮脂膜・角質層までも壊してしまうことがありうるのです。これが石けんによる肌トラブルの原因。
そもそも、入浴では、余分な汚れを落とし、肌を清潔に保つことが目的。しかし、石けんや洗顔料、シャンプーに含まれる有害な成分が要因となり、肌のトラブルを抱えてしまう人が増えているのです。刺激の高いものを使い続けると、毛穴や皮膚から体内に浸透、残留することが報告されています。

1-1.間違いだらけのシャンプー

洗浄剤の悪影響で特に注意を呼び掛けているものが、合成界面活性剤の使われたシャンプーです。抜け毛や白髪、フケ、頭皮のかゆみ、湿疹を引き起こす原因といわれています。このような毒性の強いシャンプーを毎日使い続けることで、髪のキューティクルは破壊され、皮脂や髪のたんぱく質を溶かし、体に残留し続けるのです。
女性では、皮膚から吸収された化学物質が原因で、生理痛や子宮内膜症、不妊、子宮がんをはじめ、子宮系の病気の原因になるといわれています。特に妊婦さんは、成長過程の赤ちゃんに化学物質が届いてしまうかもしれません。
髪をキレイに洗うつもりで・・・頭皮の健康を考えて・・・と、日々繰り返す行動が、実は体に悪影響を与えている可能性があります。今はなんともなくても、発がん性の強い、毒性のあるものは、時間をかけて体内に蓄積されていくのです。

12