お風呂に入るとかく汗の量はどのくらい?入浴時に気をつけることは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お風呂が気持ちのよい季節になりました。
お気に入りの入浴剤を入れてゆっくり入浴すれば、疲れも取れやすいでしょう。
しかし、入浴中は思っている以上に汗をかきます。
気をつけなければ、思わぬ事故の原因になるかもしれません。
そこで、今回は入浴中にかく汗の量についてご紹介しましょう。
お風呂の温度や入る時間などによっても汗の量はかわってきます。
また、入浴がダイエットになると思っている方も、耳寄りな情報をご紹介しましょう。
お風呂の上手な入り方を知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 入浴中にかく汗の量はどのくらい?
  2. 入浴中にかく汗とダイエットの関係
  3. 効率的に汗をかく入浴法とは?
  4. 温泉の入り方にも応用しよう
  5. おわりに

1.入浴中にかく汗の量はどのくらい?

熱いお風呂に肩までつかる、という入浴方法は日本独特だそうです。
外国人でも日本式の入浴スタイルを気にいる方が少なくないとか。
しかし、この入浴方法はひとつ問題があります。
それは、汗をたくさんかくということ。
「入浴中に汗なんかかくの?」と思われる方もいるかもしれません。
しかし、気が付かないだけで汗をかいています。
ためしに湯船につかって5分後くらいに、手をよくぬぐって額に触れてみましょう。
じんわりと汗をかいているのが、実感できるはずです。
42度のお湯に15分つかれば、約800ミリリットルの汗をかきます。
15分といえば、入浴時間としては短めです。
お風呂が好きな方ならば、20分以上入っていることも珍しくないでしょう。
また、肩までお湯につかると胸が圧迫されて、脳が「水分が増えた」と勘違いして体内から水分を排出しようとします。
入浴後、急にトイレに行きたくなったという経験をした方もいるでしょう。
それは、脳の勘違いなのです。
しかし、浴室は湿度が高いですからあまり喉の渇きを感じません。
ですから入浴後に水分を補給しない、という方もいるでしょう。
しかし、それは危険な行為なのです。
体から水分が失われると、その分血液が濃くなります。
濃くなった血液は血管に詰まりやすく、脳出血や心筋こうそくの原因になるのです。
ですから、お風呂に入った後はしっかりと水分補給をしましょう。

12