お風呂に入るとかく汗の量はどのくらい?入浴時に気をつけることは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お風呂が気持ちのよい季節になりました。
お気に入りの入浴剤を入れてゆっくり入浴すれば、疲れも取れやすいでしょう。
しかし、入浴中は思っている以上に汗をかきます。
気をつけなければ、思わぬ事故の原因になるかもしれません。
そこで、今回は入浴中にかく汗の量についてご紹介しましょう。
お風呂の温度や入る時間などによっても汗の量はかわってきます。
また、入浴がダイエットになると思っている方も、耳寄りな情報をご紹介しましょう。
お風呂の上手な入り方を知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 入浴中にかく汗の量はどのくらい?
  2. 入浴中にかく汗とダイエットの関係
  3. 効率的に汗をかく入浴法とは?
  4. 温泉の入り方にも応用しよう
  5. おわりに

1.入浴中にかく汗の量はどのくらい?

熱いお風呂に肩までつかる、という入浴方法は日本独特だそうです。
外国人でも日本式の入浴スタイルを気にいる方が少なくないとか。
しかし、この入浴方法はひとつ問題があります。
それは、汗をたくさんかくということ。
「入浴中に汗なんかかくの?」と思われる方もいるかもしれません。
しかし、気が付かないだけで汗をかいています。
ためしに湯船につかって5分後くらいに、手をよくぬぐって額に触れてみましょう。
じんわりと汗をかいているのが、実感できるはずです。
42度のお湯に15分つかれば、約800ミリリットルの汗をかきます。
15分といえば、入浴時間としては短めです。
お風呂が好きな方ならば、20分以上入っていることも珍しくないでしょう。
また、肩までお湯につかると胸が圧迫されて、脳が「水分が増えた」と勘違いして体内から水分を排出しようとします。
入浴後、急にトイレに行きたくなったという経験をした方もいるでしょう。
それは、脳の勘違いなのです。
しかし、浴室は湿度が高いですからあまり喉の渇きを感じません。
ですから入浴後に水分を補給しない、という方もいるでしょう。
しかし、それは危険な行為なのです。
体から水分が失われると、その分血液が濃くなります。
濃くなった血液は血管に詰まりやすく、脳出血や心筋こうそくの原因になるのです。
ですから、お風呂に入った後はしっかりと水分補給をしましょう。

2.入浴中にかく汗とダイエットの関係

ダイエットをしている方は、1日に何度も体重をはかる方もいるでしょう。
入浴前と入浴後に体重をはかり比べた結果、体重が減っていたということも多いです。
この減った分が水分。水分を補給すればすぐに元通りになってしまうでしょう。
しかし、汗をかくということはダイエットにとって大変効果的です。
汗をかくと体にたまった老廃物も一緒に排出されます。
特に、むくみやすい人にとって汗をかくことはその解消にもつながるでしょう。
しかし、冬は汗をかく機会が少ないです。
有酸素運動も20分以上行わなければ、なかなか汗をかきません。
時間的にも運動をする時間がないという方もいるでしょう。
また、冷えはダイエットの大敵です。
入浴で汗をかけば新陳代謝も活発になり、やせやすい体になるでしょう。
ですから、ダイエットをしている人は入浴中にたっぷりと汗をかいてください。

3.効率的に汗をかく入浴法とは?

お風呂は普通に入っても汗をかきます。
しかし、効率的に汗をかく入浴方法もあるのです。
この項では、その一例をご紹介しましょう。

3-1.入浴前に水を一杯飲む

入浴する前に、まずは水を一杯飲みましょう。
まず、水分を補給しておくことでより汗をかきやすくなります。
新陳代謝を活発にしたい方は「飲むお酢」がお勧めです。
今は、飲みやすい果実酢なども出ています。
糖分が入っているお酢はカロリーに気をつけて飲んでください。

3-2.入浴剤を入れる

今は入浴剤も進歩して、いろいろな入浴剤が出ています。
お勧めは唐辛子やショウガなど体を温めて発汗効果のあるもの。
入浴剤がないという場合も、お酒をコップ一杯入れるだけで発汗効果が期待できます。
ただし、お酒に弱い方は注意してください。
気になる場合は洗面器にお湯を張り、お酒をおちょこ一杯入れて指先をつけてみましょう。
皮膚が赤くなった場合は、お酒を入浴剤代わりに使うのはやめてください。

3-3.半身浴をする

半身浴というのは、みぞおちから下の部分だけお湯につかる入浴方法です。
ダイエットに効果のある入浴法として広く知られているので、実践されている方も多いと思います。
半身浴をすると体温が急に上がりませんので、長時間入っていられるのです。
退屈するという方は雑誌を読んだり音楽を聴いたりしましょう。
また、20分以上半身浴をしていると、さすがに喉が渇いてくると思います。
ですから、ペットボトル入りの飲み物を持ちこみましょう。
ただし、甘みがついたものは避けてください。
スポーツドリンクよりも麦茶、そして炭酸水がお勧めです。

3-4.入浴後も水分を補給しよう

入浴後は体がカラカラになっています。
ですから、水分を補給しましょう。
お勧めは、水や麦茶です。
スポーツドリンクは糖分がありますし、緑茶やコーヒーは利尿作用があります。
ですから一番よいのは水、ついで麦茶です。
最も避けた方がよいのはアルコールでしょう。
風呂上がりのビールは最高ですが、ビールは別名「飲むパン」とも言えるほどカロリーが高いのです。
せっかくお風呂に入って消費したカロリーが、コップ一杯のビールで帳消しになってしまうでしょう。

4.温泉の入り方にも応用しよう

これからいよいよ紅葉の本番を迎えます。
秋の行楽シーズンで、温泉に行きたいという方も増えるでしょう。
このダイエットに効果的な入浴の仕方は、温泉の入り方にも応用できます。
温泉は少々温度が高めのものが多いのです。
また、人気の「源泉かけ流し」の温泉は、温度が43度以上になるものもあります。
つまり、宿についてすぐの1時間以上の入浴は、体にとってもよくありません。
温泉に何度も入りたければ、宿の部屋に案内されたらお茶を飲んで一休みしましょう。
その後、温泉に入るときはみぞおちから下の半身浴を心がけてください。
さらに、ときどき休息して水分を補給します。
そうすれば温泉に入った後に疲れて動けなくなる、ということもないでしょう。
何度もお風呂に入りたいという場合は、30分入浴して20分休憩といったリズムを作ってください。
また、おなかがいっぱいのときや飲酒したときなどは、無理に入浴してはいけません。
この方法で入浴すれば、温泉の効能を存分に堪能できるでしょう。

6.おわりに

いかがでしたか?
今回は、入浴中にかく汗の量などについてご説明しました。
まとめると

  • 42度のお湯に15分間つかると、約800ミリリットルの汗をかく。
  • 汗の中には老廃物なども含まれているので、デトックス効果がある。
  • ダイエットをしている方は、お風呂に入っているときに汗をかくほど効果的。
  • ダイエット中の入浴法は、温泉にも応用できる。

ということです。
日本人は昔から、熱いお湯にさっとつかる入浴法を好んできました。
しかし、ダイエットに効率的な入浴法は、温泉の効果的な入浴法にも応用できるということです。
これから冬にかけて、いろいろな入浴法を試す方もいるでしょう。
お風呂は、体を温めて新陳代謝を活発にする優れた健康法です。
だからこそ、失われた水分をしっかり補給してください。
ただし、入浴中の飲酒は控えましょう。
ビールでも日本酒でも血管を広げ、より発汗作用を促します。
また、お酒を飲むと血圧が上がり、のぼせやすくなるでしょう。
お酒はお風呂から上がってから楽しんでください。