どくだみ風呂の驚くべき効能とは!?アトピーやダイエットにも効く!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

どくだみ風呂の効能についてご存じでしょうか。
アトピーの改善やダイエットにも効果があることで有名などくだみ風呂。
実はそのほかにもさまざまな効能があるのです。
どくだみは安価で手に入り、手軽に使えるアイテムの1つ。
あなたもどくだみ風呂で体の悩みを解消してみてはいかがでしょうか。
「生葉だと臭いが気になる」という人には、どくだみの葉を陰干しして作った乾燥葉を使用するのがおすすめです。
自分に合った方法でどくだみ風呂を作ってみましょう。
ここでは、どくだみ風呂の効能や作り方についてご紹介しています。

  1. どくだみ風呂とは
  2. どくだみ風呂の効果効能
  3. どくだみ風呂の作り方
  4. どくだみ風呂の注意点
  5. まとめ

1.どくだみ風呂とは

薬効の高さで有名などくだみとは、一体どのようなものなのでしょうか。
まずは、どくだみの特徴やどくだみ風呂についてご紹介したいと思います。

1-1.どくだみとは

どくだみは平安時代から薬効の高さで愛用されてきた十薬の1つです。
日陰であればいたるところに自生するため、簡単に手に入りやすいのが特徴でしょう。
日本でも「薬草の代表」と言える存在になっています。
生の葉や茎は、切り傷やニキビ、湿疹、かぶれ、水虫などに利用されているのです。
また、どくだみ茶として内服すると、高血圧や肩こり、便秘を改善し、免疫力を高める効果があると言われています。
利尿作用もあるため、体内の毒素を排出して体調を整える効果が期待できるでしょう。
最も一般的なのが、どくだみ茶としての利用法です。
市販のものもありますが自分で作ることも可能でしょう。
どくだみの地上部を刈り取り、風とおしのよい場所に吊(つ)り下げて乾燥してください。
6~7月の開花期のものが、最も薬効成分に優れています。
できるだけ弱火で煮出し、どくだみ茶を作りましょう。
どくだみ茶は味に特徴があるため、飲みにくさを感じる人もいると思います。
その場合は、冷蔵庫で冷やしたりほうじ茶などとブレンドしたりする方法がおすすめです。

1-2.どくだみの活用方法

どくだみ青汁の醗酵(はっこう)酒としても活用されています。
どくだみの有効成分は、乾燥や加熱によって少なくなってしまうのです。
そのため、お茶として飲むよりも生葉青汁が一番。
生葉青汁を飲みやすくするために工夫したものが、どくだみ青汁の醗酵(はっこう)酒。
はちみつや黒糖を加え、酵母で醗酵(はっこう)して作ります。
醗酵(はっこう)により臭いはなくなりますが有効成分はそのまま摂取することが可能なのです。
また、どくだみ酒を使って化粧水を作る方法も有名でしょう。
特に、ニキビや吹き出物に効果的です。

1-3.どくだみ風呂とは

どくだみの葉を入浴剤として利用した入浴法が、どくだみ風呂です。
優れた効能をたくさん持つどくだみを使って、美肌やダイエットのためにどくだみ風呂を実践している人は多いでしょう。
具体的にどのような効能があるのか、どうやってどくだみ風呂を作るのか、以下でご紹介していきたいと思います。

12