お風呂で傷がしみない方法を紹介!お湯の温度を○○度にしよう

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「傷口がしみない入浴法」があったら知りたいと思いませんか?
ちょっとして切り傷でも、お風呂に入るとしみて痛みを感じるものです。
特に小さな子供だと、痛くてお風呂に入るのを嫌がることもあるでしょう。
親としても大変ですよね。
傷が治るまでお風呂に入らないわけにはいきません。
傷口がしみない入浴法を知っておくと助かるはずですよ。

  • 傷口がしみてお風呂に入ると痛い
  • 傷口がしみない入浴法はあるのか?
  • しみる傷としみない傷の違いとは?

そんな人たちのために、傷口がしみない入浴法についてまとめてみたいと思います。


1.お風呂で傷がしみる理由

切り傷ができてお風呂でしみた経験がある人は多いでしょう。
そもそも、なぜ傷がお風呂でしみるのか、その原因を考えてみたことはありますか?
その理由は、浸透圧によるものです。
お風呂やシャワーには水道水を使用します。
つまり、真水です。
真水は普通に使う分には問題ありませんが傷に当てると痛みを感じます。
浸透圧によって圧が低い真水から高い体へと移動する際に、細胞が水を吸って膨張するのです。
この仕組みが、痛みの原因になります。
鼻に真水が入ると痛みを感じるのも、同じ理由からなのです。

12