朝風呂のメリットとデメリットを紹介!注意点を守って安全に入ろう

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

1日の疲れを癒(い)やすために、夜ゆっくりとお風呂に入る人は多いでしょう。
しかし、朝風呂にも魅力があります。
温泉に泊まったときなどに朝風呂に入るとリラックスした気持ちになれるでしょう。
「休日はゆっくりと朝風呂に入る」という人も少なくありません。
朝風呂には確かにメリットがたくさんあるでしょう。
でも、注意しなければならないこともあるのです。

  • 朝風呂の効果とは?
  • 朝風呂のメリットとデメリットを知りたい
  • 朝風呂に入る際の注意点とは?

そんな人たちのために、朝風呂のメリットとデメリット、入る際のコツについてまとめてみたいと思います。

目次

  1. 朝風呂のメリット
  2. 朝風呂のデメリット
  3. 朝風呂のコツ
  4. まとめ

1.朝風呂のメリット

朝風呂にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
単に「気持ちよい」というだけではないということを知ってください。

1-1.体が目覚める

人は寝ている間、リラックスした状態にあります。
朝になっても、簡単にその状態から抜け出すことはできないでしょう。
眠っているときは、リラックス作用をコントロールする副交感神経が優位な状態にあります。
このときの体は完全なお休みモード。
血行も滞りやすくなります。
そして、朝になって太陽の光を浴びることで、行動をコントロールする交感神経が優位になるのです。
目覚めたときに血液も動き出します。
しかし、血液が流れだした反動で腰痛や頭痛が生じる場合も。
そんなとき朝風呂に入ると体温が上がり、血管が広がります。
血液の流れがスムーズになり、腰痛や頭痛といった症状を引き起こさずに済むでしょう。
そして、自然と体にスイッチが入ります。
すぐに活動できる状態を迎えることができるでしょう。
気分がスッキリすることで、1日の始まりが快適になるというメリットもあります。

1-2.痩せやすくなる

朝風呂はダイエットにも効果的です。
少し前に「朝風呂ダイエット」が流行したことからも分かるように、確かに痩せやすくなるでしょう。
朝風呂に入ると体温が上がり汗をかきます。
1日の始まりと代謝のよい状態で迎えることができるでしょう。
脂肪が燃えやすくなるだけでなく、余分な脂肪をためにくくなるというメリットもあります。

1-3.臭いが気にならなくなる

朝風呂に入る理由として意外と多いのが「体の臭いを消すため」というもの。
特に夏場は、寝ている間にたくさんの汗をかきます。
そのままの状態で会社に行くのは抵抗がある、という女性も多いでしょう。
朝風呂に入ることで臭いの原因となる汗を流し、スッキリとした状態で活動を始めることができます。

12