風呂の適温は何度? 季節や目的に応じた風呂の最適温度とは!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

風呂は、1日の身体の汚れを落とすだけではなく、健康維持や美容のために毎日入りたいものです。風呂の効果を上げるには、お湯の温度がポイントになります。そこで、季節・目的・人によって異なる風呂の「適温」をご紹介しましょう。

目次

  1. 風呂の適温は何度?
  2. 季節別の風呂の適温
  3. 新生児・妊婦・高齢者・ペットの場合の適温
  4. 熱い風呂の危険性
  5. まとめ

1.風呂の適温は何度?

風呂には、さまざまな効果があります。

  • 身体の汚れを落とす。
  • 身体を温める。
  • 新陳代謝をアップする。
  • 美容やデトックス効果。
  • 気分転換やリフレッシュ効果。

上記のように、健康・美容・気分に効果がある風呂ですが、「適温」は何度なのか、考えたことはありますか?

ぬるいお湯に長時間入るのが好き、熱いお湯をがまんしながら入るのが好き…など、温度の好みは人それぞれでしょう。

しかしながら、風呂の温度によって入浴効果は異なるのです。

風呂の温度は、主に「微温浴」「中温浴」「高温浴」の3種類に分かれます。

それぞれの効果を比べてみましょう。

1-1.微温浴の効果

37度〜39度程度のお湯で入浴することを「微温浴」といいます。

体温よりも少し高いだけなので、誰でも入浴しやすい温度です。

微温浴は、香りのいい入浴剤を入れて、ゆっくりと長時間入るのが好きな人にぴったりでしょう。

また、ぬるめのお湯は、イライラやストレスなど、精神の鎮静効果があります。

37度〜39度のお湯は、自律神経の「副交感神経」を刺激して脈拍を落とし、血圧を低くする効果も得られるのです。

さらに、筋肉疲労を回復する効果もあります。

長時間、歩いたり立ったりして足腰がだるいときにはぴったりです。

本などを持ち込んで、20分以上しっかりと湯船につかってください。

1-2.中温浴の効果

39度〜42度程度のお湯で入浴することを「中温浴」といいます。

39度は、交感神経から副交感神経に切り替わる温度なのです。

最も一般的に好まれている温度で、微温浴よりも身体を温める効果があります。

適度な発汗が得られながらも、身体の脂肪は溶け出さないので入浴後の乾燥が気になる女性にはぴったりでしょう。

入浴する時間は、15分ほどが適切です。

さらに、中温浴の場合は、血液の循環がよくなり新陳代謝もアップします。

身体が温まり、首や肩のコリも解消できるでしょう。

1-3.高温浴の効果

42度〜45度程度のお湯で入浴することを「高温浴」といいます。

ちょっと熱めの温度で、日本人の年配の方が好むようです。

熱さが身体に刺激を与えるので、自律神経の「交感神経」が活発になり心拍や血圧が上がります。

さらに、精神や神経が高ぶるので、朝なかなか目が覚めないときや、仕事の前に気合いを入れたいときなどに最適です。

疲れていて、だるさを感じるときに入ると気分もスッキリとするでしょう。

ただし、高温の入浴は皮膚の脂肪を溶かし入浴後の乾燥を招きます。

保湿効果の高いボディーミルクやローションなどで、スキンケアをしてください。

また、上記3つの温度以外に「超高温浴」もあります。

45度〜48度ほどの高温で、草津温泉の「時間湯」が有名です。

ルールに従って、数分だけ高温のお湯に入ることで、デトックス効果などを得られます。

ただし、自己流で行うのは危険を伴うのでやめましょう。

12