お湯でやけどをしてしまった!!正しい応急処置の方法とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

朝晩だいぶ涼しくなり、温かいものが恋しい季節になりました。
入浴や食事などでお湯を使う機会も増えるでしょう。
それと比例するように、お湯によるやけども増えていきます。
お湯によるやけどはそれほどひどい状態にはなりにくい反面、たいしたことがないと思っていると、痛みなどが長引くこともあるのです。
そこで、今回はお湯でやけどをした場合の応急処置方法をご紹介しましょう。
やけどは、処置が遅くなると跡が残る可能性があるのです。
これからお湯を使う機会が多くなる方はぜひこの記事を読んで応急処置法の参考にしてみてください。

目次

  1. やけどの間違った応急処置とは?
  2. やけどの正しい処置とは?
  3. お湯でやけどをしやすいケースとは?
  4. 給湯器の故障に気をつける
  5. おわりに

1.やけどの間違った応急処置とは?

やけどの正しい応急処置をご紹介する前に、やけどの間違った応急処置法をご紹介します。
「民間療法」といえば聞こえはよいですが、かえってやけどを悪化させてしまうかもしれません。
注意しましょう。

1-1.食べ物を患部に塗る

やけどをしたときに、植物油やジャガイモをすりおろしたものなどを患部につける人がいます。
しかし、これは効果がないばかりか雑菌が入りこむ可能性が高いです。
特に、塩分を含んでいるものは、傷口を刺激して痛みが強まります。
「民間療法」は役に立つものも多いですが、患部に食べ物を塗ってはいけません。

1-2.アロエを塗る

アロエは薬効がある植物です。
ちょっとした傷薬の代わりになるので、観葉植物として育てながらけがをしたら手当てに使っている方もいるでしょう。
アロエは、肉厚の葉をちぎると水分がしみ出してきます。
しかし、これにも雑菌が含まれているためやけどの応急処置には使えません。
アロエの葉っぱを当てて「これで大丈夫」と思わないようにしましょう。

1-3.軟膏(なんこう)をいきなり塗る

やけどをした直後に、市販されているやけどに効果のある軟膏(なんこう)を塗っても効果がありません。
まずは、正しい処置をしてから痛み止めや感染防止のために軟膏(なんこう)を塗りましょう。

12