エコキュートの騒音問題が知りたい! 騒音対策・給湯器の選び方は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

エコキュートはエコ給湯器として注目が集まっている種類です。大気熱を利用してお湯を沸かすので電気代を抑えることができます。しかし、近年問題となってきているのがエコキュートの騒音トラブルです。なぜ、騒音トラブルが起きているのか、きちんと理由を把握してから導入しなければなりません。そこで、本記事では、エコキュートの基礎知識・騒音トラブル・対策・選び方のポイントについて説明します。

  1. エコキュートの基礎知識
  2. エコキュートの騒音について
  3. エコキュートの騒音対策について
  4. エコキュートの選び方
  5. エコキュートに関してよくある質問

この記事を読むことで、エコキュートの騒音や、導入する際のポイントが分かります。買い替えを検討している方は、ぜひチェックしてください。


1.エコキュートの基礎知識

まずは、エコキュートの仕組み・省エネ効果・種類などの基礎知識を紹介します。

1-1.どんなものか、メカニズム

ヒートポンプ技術を用いて空気の熱を利用する電気給湯器を「エコキュート」といいます。自然冷媒である二酸化酸素(CO2)によって大気の熱をくみ上げ、給湯のために必要な熱エネルギーをつくり出す仕組みです。冷媒は、熱の移動に必要不可欠なもので、エコキュートの場合は、空気中の二酸化炭素が冷媒の役割を果たします。具体的なメカニズムは以下のようになります。

  1. 大気中の熱を、空気熱交換器で冷媒(CO2)に集める
  2. 熱を持った冷媒を圧縮機でさらに高温化する
  3. 水熱交換器で冷媒の熱を水に伝え、お湯をつくる
  4. 温められたお湯は貯湯タンクに貯(た)められる

また、熱を水に伝えた後の冷媒(CO2)は、膨張弁で減圧されて低温になります。低温になった冷媒(CO2)は、空気熱交換器に送られ、再び循環する仕組みです。

1-2.ほかの給湯器との違い

従来の電気給湯器は、電気だけでお湯を沸かすのでエコキュートよりも電気代が高くかかります。エコキュートも電気を使いますが、外の温度も活用するので省エネルギーでお湯が沸かせるのです。また、停電が起きてもタンクから水を取り出せる・断水時などはタンク内の水を非常用水として使える点がメリットの1つとなります。

1-3.省エネ効果について

エコキュートは省エネ効果が高いことでも知られています。ヒートポンプ技術を採用しているので、従来の電気給湯器と同じ電気エネルギーを使用しても、約3倍の熱エネルギーを得ることが可能です。よって、少ない電力でもお湯を十分に沸かすことができます。空気中の二酸化炭素が冷媒として使われるため、その分の電気代が節約できるのです。

1-4.種類・メーカー

エコキュートを製造している主なメーカーは、三菱電機・コロナ・ダイキン・東芝・日立・パナソニックです。それぞれ特徴が異なるため、導入の際はチェックしておくとよいでしょう。

  • 三菱電機:国内半分以上のエコキュートが三菱電機の製品。自動風呂配管洗浄機能など独自の機能が備わっている
  • コロナ:暖房機器製造会社で有名なメーカーで、コロナ独自のES(エネルギー・セーブ)制御機能で効率的にお湯をつくることができる
  • ダイキン:従来と比較して約1.8倍の高圧シャワーを実現した独自の高圧給湯技術を持っている
  • 東芝:業界最大の5年間保証が特徴。銀イオン発生ユニットなど風呂機能が充実している
  • 日立:初のウレタン発泡断熱構造ユニットがエコキュート貯蔵ユニットに採用されている
  • パナソニック:業界初の人センサー機能がついている

1-5.最近の傾向

エコ給湯器として注目されていますが、普及率は全体の約10%と低めです。初期費用が高いこともあり、導入を躊躇(ちゅうちょ)する方もいるでしょう。しかし、電気代が安いので長く使い続けることを考えると、コストパフォーマンスに優れているといえます。