地震後にお湯が出ないのはなぜ? 給湯器が止まる原因や対処法を紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

大きな地震の後は、給湯器が止まることがあります。近年は、日本で大きな地震が頻発しているため、いざというときの対応について知識を持っておくことが大切です。地震後に給湯器が止まった場合に確認することや、復旧方法などを覚えておきましょう。本記事では、地震が起きたときの給湯器の扱い方についてご紹介します。

  1. 地震のときの給湯器について
  2. 地震後はどうすべきか?
  3. 地震後に止まった給湯器を復旧する方法
  4. 給湯器が復旧しない場合はどうなるのか?
  5. 地震後の給湯器でよくある質問

この記事を読むことで、地震後の給湯器の扱い方についてよく分かります。知識を身につけておけば、慌てずに対応することができるでしょう。


1.地震のときの給湯器について

地震が起きると給湯器はどうなるのか、注意点などもご紹介します。

1-1.地震後の給湯器はどうなるのか?

給湯器の多くは、震度5程度の揺れを感知した場合、安全装置が作動して止まるようになっています。安全装置は、ガス漏(も)れや火災を防ぐためについている機能です。ガスの供給が止まるため、使用を再開するときは、揺れが収まって安全が確保できてから、給湯器の復旧作業を行ってください。

1-2.ガス漏(も)れが起きている場合もあるので注意

安全装置は揺れを感知して作動する機能です。しかし、中には、地震によって何らかの異常が発生し 、実際にガス漏(も)れが起きている場合もあります。安全装置が作動してお湯が出ないという状態になっても、慌てて復旧作業をせず、まずはガスの元栓を閉めるようにしてください。ガス臭を感じる場合、すぐにガス会社に連絡しましょう。異変にいち早く気づいて対応することが、火災やガス漏(も)れによる二次被害を防ぐきっかけになります。

2.地震後はどうすべきか?

地震後は慌ててしまうことが多いと思います。確認すべきことや避難する場合の対策を覚えておきましょう。

2-1.確認すること

大きな地震後が発生し給湯器が止まったときは、揺れが収まってから行動しましょう。ガス臭さがないようなら、屋外にあるマイコンメーターの安全装置を確認し、復旧作業に入ります。安全装置が作動している場合、マイコンメーターに赤ランプの点滅が確認できるので、マイコンメーターに付属されているラベルの表示に従い、復旧作業を進めてください。

2-2.避難する場合にしておくべきこと

地震によって大きな被害を受けた場合は、避難しなければならないケースもあります。不在中に事故などが起きないよう、避難前にガスの元栓を閉め、ガスを用いる機器はすべて使用を中止してください。コンセントから抜いておく方法もおすすめです。また、地震後は停電が起こる場合があります。停電中は給湯器の凍結防止装置が止まるため、給湯器の配管に凍結が起こる可能性があるでしょう。給水栓を閉じて給湯器の水抜き作業を行い、凍結を予防することが大切です。

3.地震後に止まった給湯器を復旧する方法

地震後に給湯器を復旧する手順を覚えておきましょう。

3-1.復旧方法

復旧作業を行う前に、ガスを用いる器具の栓が閉じていることを確認してください。普段使用していないガス器具も同様です。トラブルが起きたときに備え、コンセントを抜くことをおすすめします。復旧作業は、屋外にあるマイコンメーターの復帰ボタンを奥までしっかり押し込み、応答サインが出ているか、あるいはランプが点滅表示しているかをチェックしてください。復帰ボタンを押してから2〜3分程度で、点滅表示が消えてリセットできるでしょう。

3-2.ランプが点滅し続ける場合はガス会社へ連絡する

マイコンメーターの復帰ボタンを押した後、ランプの点滅が止まらない場合、故障やガス漏(も)れなどが考えられます。マイコンメーターがリセットできた場合でも、コンロなどは使用できるが風呂やキッチンなどのお湯が出ないというときは、給湯器が地震によって故障している可能性が高いでしょう。リセットを繰り返して無理に使おうとせず、ガス会社や業者に連絡し、点検を受けるようにしてください。

4.給湯器が復旧しない場合はどうなるのか?

まれに、給湯器が復旧しないケースがあります。放置した場合の危険性や対処法などを覚えておきましょう。

4-1.不完全燃焼が起こる可能性がある

マイコンメーターの復帰ボタンを押しても復旧しない・復旧後に何度もエラーが出て止まるなどの場合、ガス漏(も)れ以外に配管の損傷などが考えられます。放置した場合、不完全燃焼などによる事故のリスクが高まるでしょう。ガス漏(も)れによる引火が起こる可能性があるため、使い続けるのは危険です。

4-2.復旧しない場合はガス会社や業者に連絡をする

地震後からエラーが何度も出てしまう・復旧しないなどの場合、ガス会社や業者に連絡をし、給湯器やガス器具などの点検を受けましょう。見えない部分に損傷が起こる場合もあるため、プロによる診断を受けることが大切です。マンションでは、給湯器などの設備やガスに関する規約を設けている場合があります。管理会社を経由してガス会社に連絡してもらうなど、規約をよく確認してください。

5.地震後の給湯器でよくある質問

地震後の給湯器に起こるトラブルや復旧に関する質問を集めました。ご一読ください。

Q.復旧作業をした後は、給湯器などが初期化されてしまうのか?
A.復旧するとリセットされてしまうため、給湯器などはすべて初期化されてしまいます。リモコンで給湯温度などの調整を行ってから使用を再開しましょう。

Q.安全装置を解除しても、停電している場合は給湯器が使えないのか?
A.停電中は、マイコンメーターの復旧ができても、給湯器は使うことができません。給湯器は電気で稼働する機器です。停電が解消するまで待ちましょう。

Q.マイコンメーターの復旧作業中にお湯を使うとどうなるのか?
A.マイコンメーターの復帰ボタンを押し、ランプが点滅中にお湯を使ってしまうと、再び停止してしまう可能性があります。必ず、ランプの点滅が消えるのを待ってから使用を開始してください。

Q.ガス臭いと感じた場合、窓は開けたほうがいいのか?
A.ガスが室内に立ち込めた場合、一酸化炭素中毒になるケースがあります。窓は開放し、ガスの臭いを屋外へ放出するようにしてください。静電気によって漏(も)れたガスに引火することも懸念されるため、換気扇や電気を使用する器具には手を触れないようにしましょう。火気の使用も厳禁です。

Q.地震でダメージを受けた給湯器は、交換したほうがいいのか?
A.交換が必要かどうかは、故障内容によります。修理で直る場合もあるものです。プロによる診断を受け、ダメージを受けている部分を特定し、修理や交換の必要性を見極めてもらいましょう。

まとめ

いかがでしたか? 地震による強い揺れを感知した場合、安全装置が作動してガスが止まり、給湯器が使えなくなってしまいます。地震の揺れが収まってから、復旧作業を始めてください。復旧作業は、マイコンメーターの復帰ボタンを押せば、リセットできます。ただし、ガス臭さを感じる・リセットできても反応しないなどの場合、故障やガス漏(も)れが起きているケースがあるでしょう。事故などを回避するため、直ちにガス会社や業者による点検を受けてください。地震で慌てることがないよう、対処法や復旧に関する知識は身につけておきましょう。