給湯器が故障したときの対処法をご紹介!故障の原因と対処法について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「壊れた給湯器をどう扱ったらいいのかわからない」「給湯器を交換したい」と悩みはつきものです。給湯器が急に故障してしまうとお湯が使えなくなってしまいます。お湯が出ないと生活にも支障が出てくるでしょう。効率的に修理・交換をするためにも、故障内容を把握しなければなりません。そこで、給湯器の種類や故障内容、修理・交換について詳しく説明します。

  1. 給湯器について
  2. よくある給湯器の故障
  3. 給湯器が故障したときの対処法
  4. 給湯器の選び方
  5. 給湯器の修理・交換について
  6. 給湯器修理・交換業者の選び方
  7. 給湯器についてよくある質問

この記事を読むことで給湯器の故障内容や修理・交換のやり方についての知識が身につきます。


1.給湯器について

日本における給湯器メーカーはリンナイとノーリツの2大メーカーです。それぞれ、さまざまな種類の給湯器が登場しています。まずは、給湯器がどういうものか、種類や違いについて紹介しましょう。

1-1.給湯器とはどういうものか

使用している家庭も多い給湯器は、水をお湯に換える給湯機器です。別名、温水器ともいいますが、一般的には給湯器と呼ばれています。冬場や寒い気候の東北・北海道では給湯器が必要不可欠です。つまり、給湯器は生活に必要なものになります。

1-2.湯沸かし器・風呂釜・温水器の違い

給湯器には「湯沸かし器」「風呂釜」「温水器」とさまざまな呼び名があります。台所などに設置している小型タイプの給湯器は「湯沸かし器」、お風呂を沸かすために使用する大型タイプを「給湯器」というでしょう。湯沸かし器と温水器の違いは「大きさ」にあると思っておいてください。そして。「風呂釜」はお湯を沸かす釜のことです。浴槽にお湯をためる給湯器とは違い、風呂釜は浴槽に入っている水を再度温めることができます。

1-3.給湯器の種類

給湯器にはお湯の沸かし方によって種類が異なります。大まかにわけると「ガス給湯器(ガス湯沸かし)」「電気給湯器」「石油給湯器」の3種類になるでしょう。また、近年ではエコ機能に特化したエコジョーズなどハイブリッド給湯器が登場しています。

1-4.給湯器の仕組み

ガス給湯器はお湯を瞬間的に沸かしますが、電気給湯器はタンクの中に入っている水を温めてお湯にします。お湯の沸かし方や住宅の構造、家族構成などによって給湯器の仕種類は異なるものです。また、ノーリツの給湯器、リンナイの給湯器とメーカーによっても変わってくるでしょう。