エコキュートの仕組みや種類について、知っておきたい基礎知識

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

エコキュートの仕組みや種類など、基礎知識について知りたいと思っていませんか? 最近はオール電化などが普及するようになって、エコキュートを取り入れようか悩んでいる人も多いようです。そこで、この記事ではエコキュートの仕組みや種類についてご紹介していきましょう。これからエコキュートの設置を考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

  1. エコキュートの仕組み
  2. エコキュートの種類
  3. メーカー別の比較について

1.エコキュートの仕組み

最近、巷(ちまた)で流行(はや)っているエコキュート。一体どのようなもので、どのような仕組みを持っているのでしょうか。ここでは、エコキュートの仕組みについて具体的にご紹介します。

1-1.エコキュートとは? 

エコキュートとは電気給湯器の一種で、空気の熱を利用することでお湯をわかす仕組みとなっています。正式な名前は自然冷媒ヒートポンプ給湯器と言われており、ヒートポンプの技術を利用してお湯をわかす給湯器です。エコキュートを設置した場合、ヒートポンプユニットとタンクが必要となります。前者は外部から空気を取り込むための装置で、後者はお湯をためておく場所となるところです。外部から取り込まれた空気は、電気の力によって圧縮します。その結果出た熱を利用して、水を温め、お湯にするのです。

1-2.どうして空気でお湯をわかせるのか? 

空気でお湯を作り出すと言っても、あまりパッとしないですよね。そこで、どうして空気によって熱が作り出されるのかをお話していきましょう。
基本的に、空気は圧縮されると熱を持つという特徴があります。圧力鍋を想像してみてください。圧力鍋を使うと、鍋の中が非常に高温になりますよね。これは、中の空気が圧縮されるために起こる現象です。つまり、エコキュートで使われているヒートポンプ技術も、これと同じような仕組みとなっています。

12