絶対覚えて! 給湯器の水抜き方法・水道管の凍結防止方法や対処法

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

毎日お湯を出してくれる給湯器。冬場は特にそのありがたさが身に染みます。しかし、給湯器や水道管が凍結しやすいのもまた冬です。水道管が凍結してしまうと、お湯や水が出ないばかりではなく、万が一水道管が破裂した場合には修理費を支払わなければなりません。給湯器・水道管の凍結を防止するためには水抜きが必須です。今回は正しい水抜きの方法や、凍結防止方法などをご紹介します。

  1. 給湯器の水抜きについて
  2. 給湯器の水抜き方法
  3. 給湯器の水抜き後の使用方法
  4. 水道管が凍結したら?
  5. 給湯器のトラブルで業者を呼ぶには?
  6. 給湯器や水抜きについてのよくある質問
  7. まとめ

給湯器のトラブルで困ってしまう前に、もしくは今現在困っている方はぜひこの記事を参考にしてみてください。給湯器を毎日快適に使い続けるための情報を盛り込みました。ぜひ最後まで読んでください。


1.給湯器の水抜きについて

1-1.給湯器の水抜きとは

給湯器の配管にたまったままの水を出すことを「水抜き」といいます。水抜き栓(「元栓」「不凍栓」とも)を操作することで排水される仕組みです。

1-2.給湯器の水抜きの目的

水抜きの目的は、配管内の水が凍結するのを防ぐことです。水道管内の水をなくせば凍ることはありません。

1-3.給湯器の水抜きの必要性

1-3-1.水抜きはいつする?

水道管の凍結する目安は、外気温が-4℃以下になる場合です。寝る前や長期外出前には水抜きをしておいたほうがいいでしょう。

1-3-2.給湯器の水抜きをしないと?

水抜きをしないまま、配管内の水が凍結してしまうと水やお湯が出ないのはもちろんのこと、水道管が破裂・損傷するおそれがあります。凍結による水道管の破損の修理費用は、賃貸の場合、入居者負担となってしまうのです。そのため、凍結防止のために水抜きをおこなう必要があります。