浴室で起こりやすいヒートショックの対策とは? 夏でも油断できません

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

8月も後半になり、やっと暑さもやわらいできました。
しかし、まだまだ残暑が厳しい日もあるでしょう。
こんな日に気を付けたいのがヒートショックです。
ヒートショックというと、冬場に起こる現象というイメージがある方も多いでしょう。
しかし、実は夏場にもヒートショックは発生するのです。
特に、浴室などは要注意でしょう。
そこで、今回はヒートショックを防ぐ方法をご紹介します。
入浴の仕方ひとつで、ヒートショックの危険性が薄れたり逆に高まったりするのです。
ヒートショックの危険性について知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. ヒートショックって何?
  2. ヒートショックは冬だけに起こるとは限らない!!
  3. 今すぐできるヒートショック対策とは?
  4. ​おわりに

1.ヒートショックって何?

ヒートショックとは、急激な温度変化に体がダメージを受けることです。
暖かい部屋から急に寒い外へ出ると、体が大きく震えることがありますね。
あれは体が急激な温度変化に対応しようとして、血圧や心拍数を急激に上げるために起こるのです。
人間は外気温が何度であっても、体温は一定に保たれています。
しかし、急激な温度変化が起こると体温を調節しようと神経がフル稼働するのです。
若いうちならば、このような体の変化も問題ありません。
しかし、年齢が上がるにつれて血管がもろくなったり高血圧になったりする人も多いでしょう。
そのような持病を抱えた人が、急激な温度変化を体験すると血圧や心拍数の変化に耐えきれず、心筋梗塞や脳出血を起こしやすくなります。
トイレやお風呂で急に倒れて高齢者が亡くなる場合は、このヒートショックを起こしたことが原因なことが多いのです。

12