月別アーカイブ 2015年10月

湯沸かし器が故障した場合の症状は?お湯が出ない場合も故障なの?

寒くなるにつれて、キッチンでお湯を使う機会も増えてきます。お湯をたくさん使う家や、古い集合住宅などはキッチンに湯沸かし器が備えられているところが多いでしょう。湯沸かし器は、欲しいときにすぐお湯が使える便利な道具です。しかし、湯沸かし器が故障すると最悪の場合、命の危険もあります。

そこで、今回は湯沸かし器が故障した場合の症状についてご説明しましょう。お湯が出ないから故障、と決まったわけではありません。しかし、調子の悪い湯沸かし器を使い続けても事故の原因になります。最近湯沸かし器の調子が悪くて困っているという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 湯沸かし器と給湯器の違いは?
  2. 湯沸かし器のお湯が出ない!これって故障?
  3. 湯沸かし器が故障したときの症状は?
  4. 故障した場合は修理と交換どちらがお得?
  5. 湯沸かし器は使い方を守ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加

節水したいあなたに! 少ない水で食器洗いをするための7つの心得

食器洗いで水道を流しっぱなしにすると、5分間でなんと60ℓ!(東京都水道局より)。まさか、5分も流しっぱなしにする人はいないと思います。で も、なにげなく流しっぱなしにしていませんか? 少ない水で食器をキレイにするには、どんな方法があるのでしょうか。

節水には食器洗い機がいいといわれますが、ここでは手洗いの場合を紹介します。ぜひ知っていただき、節水上手になってください。

  1. こんなに違う節約の効果
  2. 少ない水で食器をキレイにする7つの原則
  3. 意外に知られてない節水法
このエントリーをはてなブックマークに追加

風呂の残り湯の再利用方法は?上手に再利用して節約しよう!

「風呂の残り湯をそのまま捨てるのがもったいない…」と思っている人は必見です。風呂の残り湯にはまだ使い道が残っています。風呂の残り湯を再利用する方法、再利用する際の注意点、給湯器の選び方について説明しましょう。いつも出る残り湯で困っている人は、ぜひ確認してください。

残り湯を上手に利用しながら給湯器の交換・選び方についても確認していきましょう。

  1. 風呂の残り湯を再利用する方法
  2. 再利用する際の注意点
  3. 給湯器の選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加

足湯を自宅で簡単に行う方法とは?より体を温める方法もご紹介します。

夕暮れになると風が冷たい季節になりました。夜間の冷えこみも強くなり、冷え性の方にはつらい季節です。体を温める方法はいろいろありますが、どうしても足先が温まらないという方も少なくないでしょう。

そこで、おすすめなのが「足湯」です。温泉で利用したことがあるという方も多いでしょう。今回は、自宅で簡単に行える足湯のやり方をご紹介します。今は、足湯を行う専用のグッズも販売されていますが、洗面器やバケツがあれば足湯は簡単に行えるのです。

また、より効果の高い足湯のやり方もご紹介します。冷え性の方は、ぜひこの記事を読んで足湯を試してみてください。

  1. なぜ、足湯が冷え性に効果的なの?
  2. 足湯のやり方は?
  3. 冷え性により効果的な足湯のやり方は?
  4. 普段から体を冷やさない生活を心がけよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

お風呂に入るとかく汗の量はどのくらい?入浴時に気をつけることは?

お風呂が気持ちのよい季節になりました。お気に入りの入浴剤を入れてゆっくり入浴すれば、疲れも取れやすいでしょう。しかし、入浴中は思っている以上に汗をかきます。気をつけなければ、思わぬ事故の原因になるかもしれません。

そこで、今回は入浴中にかく汗の量についてご紹介しましょう。お風呂の温度や入る時間などによっても汗の量はかわってきます。

また、入浴がダイエットになると思っている方も、耳寄りな情報をご紹介しましょう。お風呂の上手な入り方を知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 入浴中にかく汗の量はどのくらい?
  2. 入浴中にかく汗とダイエットの関係
  3. 効率的に汗をかく入浴法は?
  4. 温泉の入り方にも応用しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

手ぬぐい洗顔を試してみよう!ツルツルお肌を手に入れるためのやり方は?

美肌のために高い基礎化粧品を使っている女性は多いでしょう。しかし、肌質は人それぞれ違うもの。高くても自分に合うとは限りませんよね。「何を使ってもお肌の調子が変わらない気がする」とお悩みの女性たちにおすすめしたいのが、手ぬぐい洗顔です。手ぬぐいと石けんだけで、理想のお肌を手に入れることができますよ。

「肌トラブルが多くて悩んでいる」「高い洗顔石けんはもう買えない」「手ぬぐい洗顔について知りたい」そんな人たちのために、手ぬぐい洗顔の効果とやり方についてまとめてみたいと思います。

  1. 肌トラブルの原因は?
  2. 手ぬぐい洗顔の効果
  3. 手ぬぐい洗顔のやり方

このエントリーをはてなブックマークに追加

お湯でやけどをしてしまった!!正しい応急処置の方法は?

朝晩だいぶ涼しくなり、温かいものが恋しい季節になりました。入浴や食事などでお湯を使う機会も増えるでしょう。それと比例するように、お湯によるやけども増えていきます。お湯によるやけどはそれほどひどい状態にはなりにくい反面、たいしたことがないと思っていると、痛みなどが長引くこともあるのです。

そこで、今回はお湯でやけどをした場合の応急処置方法をご紹介しましょう。やけどは、処置が遅くなると跡が残る可能性があるのです。これからお湯を使う機会が多くなる方はぜひこの記事を読んで応急処置法の参考にしてみてください。

  1. やけどの間違った応急処置とは?
  2. やけどの正しい処置とは?
  3. お湯でやけどをしやすいケースは?
  4. 給湯器の故障に気をつける

このエントリーをはてなブックマークに追加

湯シャンプーは本当に効果があるの?湯シャンのやり方は?

年を重ねるにつれ、頭髪の悩みを抱える男性は増えていきます。男性ホルモンの分泌が盛んになるほど、毛髪は薄くなっていくのです。高価な育毛剤やシャンプーを使用している方もいるでしょう。しかし、お湯だけで髪を洗う「湯シャン」も注目されています。

そこで、今回は湯シャンプーの効果ややり方についてご紹介しましょう。シャンプーは髪や皮脂の汚れを落としてくれますが、その一方で肌質に合わないとかえって髪を傷めてしまうのです。抜け毛や髪の痛みが気になるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. シャンプーのデメリットは?
  2. 湯シャンの効果は?
  3. 湯シャンのやり方は?
  4. ストレスで皮脂が増える・髪の毛が抜けるって本当?
  5. 急に髪がべたべたしだしたら、皮膚炎かも?

このエントリーをはてなブックマークに追加

お酒とお風呂…組み合わせると危険!どうなる?私たちの体

酔いを覚ますために、飲酒後にお風呂に入る人がいます。実はこの行為、とても危険なことをご存じでしょうか?

お風呂に入りながらお酒を飲むなんてもってのほか。お酒とお風呂は、相性がとても悪いのです。

「お酒とお風呂の相性はなぜ悪いのか?」「飲酒前にお風呂に入るのは問題ないのか?」「入浴中や入浴後に飲酒することはなぜ危険なのか知りたい」そんな人たちのために、お酒とお風呂の相性や入浴前・入浴中・入浴後に飲酒することがなぜ危険なのかをまとめてみたいと思います。

  1. お酒とお風呂の相性
  2. 入浴前・入浴中・入浴後の飲酒が危険な理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

お湯が出ない原因は? 給湯器トラブルを把握して正しく対処しよう!

突然お湯が出なくなると、とても不便ですよね。それだけではなく、お風呂に入れなくなるなど、生活への支障をきたす恐れがあります。お湯は、給湯器で水を温められて供給されていて、お湯が出ない不具合のほとんどは、給湯器の故障が原因ではないかと考えられるでしょう。

しかし、突然の不具合に戸惑うことばかりで、なぜお湯が出なくなってしまったのか、本当に故障であるのかどうかを確認していないケースも。また、故障で あった場合に、どこに修理の依頼を出せばいいのか、よく理解していない方々がほとんどでしょう。お湯が出ないトラブルについてご紹介します。

  1. お湯が出ない場合に考えられる原因
  2. 故障かどうか確認する方法
  3. 修理の依頼先
  4. 注意点について

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 2 次へ