足湯を自宅で簡単に行う方法とは?より体を温める方法もご紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

夕暮れになると風が冷たい季節になりました。
夜間の冷えこみも強くなり、冷え性の方にはつらい季節です。
体を温める方法はいろいろありますが、どうしても足先が温まらないという方も少なくないでしょう。
そこで、お勧めなのが「足湯」です。温泉で利用したことがあるという方も多いでしょう。
今回は、自宅で簡単に行える足湯のやり方をご紹介します。
今は、足湯を行う専用のグッズも販売されていますが、洗面器やバケツがあれば足湯は簡単に行えるのです。
また、より効果の高い足湯のやり方もご紹介します。
冷え性の方は、ぜひこの記事を読んで足湯を試してみてください。

目次

  1. なぜ、足湯が冷え性に効果的なの?
  2. 足湯のやり方とは?
  3. 冷え性により効果的な足湯のやり方とは?
  4. 普段から、体を冷やさない生活を心がけよう
  5. おわりに

1.なぜ、足湯が冷え性に効果的なの?

足は、心臓に最も遠い部位です。
ですから、冷えやすく温まりにくいうえに老廃物もたまりやすいでしょう。
また、足に老廃物がたまるとむくみが出やすくなります。
さらに、一度足が冷えると靴下をはいてもこたつに入ってもなかなか温まらない、という方も多いでしょう。
足の冷えを取るに入浴も効果的です。
しかし、全身を温める入浴ですと足が芯まで温まるまでお湯につかっていられない、という方もいるでしょう。
そこで、足湯をすることで足だけを重点的に温めてあげると冷え性が改善しやすいのです。
また、足が温まれば全身も温かくなります。
ですから、肩こりや腰痛にも効果的。
さらに、生理中で湯船につかれない女性の方にもお勧めです。

12