給湯器の凍結防止対策とは? 凍結した場合の対処法もご紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給湯器は、欲しいときにすぐお湯を沸かせる便利な機器です。
特に、寒い季節ほど給湯器のありがたみが感じられるでしょう。
しかし、寒い地方では給湯器が凍結してしまうことも珍しくありません。
そこで、今回は給湯器を凍結防止する方法や、凍結してしまった場合の対処法をご紹介します。
凍結は朝に気付くことが多いので、慌ててしまう方もいるでしょう。
しかし、凍結した給湯器を無理に動かそうとすれば破損するかもしれません。
この記事を読んで対策法を知っておけば、いざというときも安心ですよ。

目次

  1. 給湯器が凍結する原因とは?
  2. 長期間留守にする場合も要注意
  3. 給湯器の凍結防止対策とは?
  4. 給湯器が凍結してしまったら?
  5. 北国に引っ越した場合は気を付けよう
  6. おわりに

1.給湯器が凍結する原因とは?

給湯器は、内部に水を通す管があります。
この管にとおっている水を炎で温めてお湯にして、必要な場所に給水しているのです。
蛇口を止めても、給湯器内部や配管の中には水が残ります。
寒い地域では冬の夜間に、この給湯器の内部や配管の中に残った水が凍りついてしまうことがあるのです。
給湯器の中で水が凍りついてしまうと、点火操作ができなくなる場合も多いでしょう。
つまり、給湯器自体が使用できなくなってしまうのです。
また、水は凍結すると体積が増えます。
その際に、水道管や給湯器内部の配管が壊れる可能性もあるのです。
ですから、夜間の気温が0度を下回るような地域では、凍結に注意しなくてはなりません。