石油給湯器を交換したい方必見!給湯器の特徴と選び方を紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

石油給湯器とは、灯油を燃料としてお湯を沸かして給湯する機器です。給湯器というとガスや電気のものがメジャーですが、寒冷地や毎日大量にお湯を使う施設では、石油給湯器が大活躍しています。石油給湯器にはいろいろな種類があり、近年は排熱を再利用してより効率的にお湯を沸かす次世代型石油給湯器、エコフィールも登場しました。

今回は、石油給湯器の選び方をご紹介しましょう。

  1. 石油給湯器の基礎知識
  2. ​石油給湯器の選び方
  3. 業者選びのポイント
  4. 石油給湯器の交換や選び方に関するよくある質問

この記事を読めば、石油給湯器の交換や設置をする際の参考になります。石油給湯器の交換を考えている方は、ぜひ読んでみてください。


1.石油給湯器の基礎知識

この項では、石油給湯器の基礎知識をご紹介します。どのような特徴を持つ給湯器なのでしょうか?

1-1.石油給湯器とは

石油給湯器とは、灯油を燃料に使ってお湯を沸かす給湯器です。電気やガスを燃料とする給湯器よりもパワーがありコストが安いというメリットがあります。ですから、東北や北海道といった寒冷地や商業施設など毎日たくさんお湯を使う場所では重宝される給湯器です。

石油給湯器には、水道の圧力をそのまま利用してお湯を給湯する水道直圧式、水道の圧力を弱めてお湯を給湯する減圧式、水道直圧式とほぼ同じ圧力を得ることができて価格がやや安い高圧式があります。現在最も普及しているのが、水道直圧式です。ただし、水道管が古い場合などは減圧式しか設置できないところもあります。

1-2.石油給湯器のメリット・デメリット

石油給湯器のメリットは、パワフルな給湯力とコストの安さです。毎日大量のお湯を使うところや寒冷地では石油給湯器が最もコストパフォーマンスがよく、お湯も安定して供給ができます。

デメリットは、給油の手間と火事の危険があることです。石油給湯器の場合は定期的な給油が欠かせません。ですから、給湯器近くに大きな灯油タンクを設置する必要があります。そのため、住宅密集地やマンションなどの集合住宅では使いにくいですし給油も大変です。また、設置スペースや火事の危険があることから、分譲マンションなどでは石油給湯器が設置できないというところもたくさんあります。また、電気やガスと違って安い時間帯がないのもデメリットです。

1-3.石油給湯器がおすすめの場所

  • 毎日大量にお湯を使う
  • 家族の人数が多い
  • 寒冷地に住んでいる
  • 一戸建て

このような場所は石油給湯器がおすすめです。

1-4.次世代の石油給湯器も登場

電気やガスを使用する給湯器と同じように、石油給湯器もエコフィールという次世代型給湯器が登場しています。エコフィールは従来なら放出されてしまう排熱を再利用し、お湯を沸かす給湯器です。そのため、使用する灯油の量も少なくなりCO2削減にも効果的ということで、環境にも優しい給湯器になっています。

2.石油給湯器の選び方

この項では、給湯器の選び方などをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

2-1.石油給湯器を選ぶ前に

石油給湯器を選ぶ前に、設置場所を決めましょう。石油給湯器の場合は灯油を保管しておくタンクも一緒に設置する必要があります。ですから、ある程度の広さは必要です。また、給湯器は屋外に設置するものと屋内に設置するものがあります。冬に雪がたくさん積もる地域ですと、戸外に給湯器は設置できません。ですから、屋内に設置することになります。給湯器を交換するの場合は同じ場所に設置すればよいのですが、新たに設置する場合は一度業者に下見をしにきてもらうとよいでしょう。
なお、マンションの場合は管理規約をよく読んでから設置を依頼してください。前述したように、マンションでは石油給湯器の使用が禁止されているところもあります。

2-2.石油給湯器のkwを確認する

石油給湯器の給湯出力はkw(kcal/h)で表示されます。数字が大きいほど1分間で沸かせるお湯の量が多く、お風呂のお湯も早くはれるでしょう。kw数が高くなるほど給湯器の値段は高くなり、使う灯油の量も増えます。少人数家庭にあまり高出力の給湯器は必要ありませんが、値段だけを考えて低出力のものを買ってしまうと、使い勝手が悪くなるでしょう。現在使っている石油給湯の出力が丁度よいという場合は、同じ出力のものを購入すれば間違いありません。ちなみに、目安としては4人家族で4,000kwのものとなります。

2-3.給湯器の機能を確認する

石油給湯器には

  • 給湯専用
  • 追い焚きと給湯ができるタイプ
  • 追い焚きと給湯に加えて温水暖房もできるタイプ
  • 風呂釜専用
  • エコフィール(次世代型給湯器)

があります。風呂釜専用というのは、お風呂を沸かす専用の器具です。浴槽に水を張り、スイッチを入れると作動してお湯を沸かします。給湯専用は追い焚きができません。温水暖房というのは床暖房の一種で、給湯器で温めたお湯を専用の管に通して流すことで床を温めます。多機能な給湯器ほど高価になり使用する灯油の量も増えますから、ライフスタイルに合ったものを選びましょう。
次世代型給湯器は、従来のものと比較した場合約2割高価です。

2-4.給湯器の種類を確認する

石油給湯器には、スタンダード・オート・フルオートがあります。スタンダードタイプは浴槽にお湯をはる際、自分で温度を設定したお湯を出して止めるタイプです。オートは、あらかじめ温度と水位を設定しておけば、スイッチ一つで適温・適量に給湯してくれます。設定しておけば水温が下がったら追い焚きもしてくれるのです。フルオートの場合はオートの機能に加えて、水量が少なくなったら自動で足し湯までしてくれます。また、配管の掃除も自動で行える製品もあるのです。
現在の主流はオート機能のついたものですが、家族の人数が少なく足し湯や追い焚きを一切しないという場合はスタンダードでも大丈夫でしょう。逆に、家族で入浴時間がバラバラという場合はフルオートが便利です。
価格や光熱費はスタンダード・オート・フルオートの順に高くなっていきます。

3.業者選びのポイント

石油給湯器は住宅設備設置会社が取り扱っています。インターネットで検索しても、たくさんの設置会社がヒットするでしょう。業者は給湯器の販売から設置工事まで行ってくれますので、自宅近くの業者を選ぶのがおすすめです。遠いと工事を断られてしまうことがあります。
給湯器を選ぶ際に値段を気にする方は多いのですが、業者のアフターフォローの内容もよく確認してください。優良な業者はアフターフォローも手厚いのです。石油給湯器は故障をするとガスや電気を利用した給湯器よりも火災の危険性が高くなります。ですから、アフターフォローは大変重要です。また、取り扱っている給湯器の種類が豊富なほど、選択肢も広がります。

4.石油給湯器の交換や選び方に関するよくある質問

Q.ガスや電気を使った給湯器から石油給湯器への交換はできますか?
A 配管や浴槽などの状態によるでしょう。大がかりな工事になることもあるので、業者とよく相談してください。

Q.石油給湯器はどのように給油すればよいのでしょうか?
A.ガソリンスタンドや灯油販売所と契約をしておくと、定期的に給油してもらえます。詳しくは業者が説明してくれるでしょう。

Q.集合住宅では石油給湯器は使えないのですか?
A.寒冷地では、最初から石油給湯器を設置する前提で集合住宅を建てることもあります。しかし、寒冷地以外の場所では、集合住宅に石油給湯器を設置するのは難しい場所も多いでしょう。

Q.石油給湯器の寿命はガスや電気を使った給湯器に比較すると、長いのですか? 短いのでしょうか?
A.メーカーからの発表では、石油給湯器の寿命は電気やガスの給湯器と変わりありません。ただし、給湯器の使用が多い場合は、寿命が短くなる傾向にあります。

Q.減圧式給湯器から水道直圧式給湯器に変更する際の注意点はあるでしょうか?
A.水圧が変わりますので、配管の強度を確かめておいてください。場合によっては配管の交換も必要です。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は石油給湯器を交換・設置をする際の選び方についてご紹介しました。石油給湯器にはさまざまな製品があります。高機能な石油給湯器ほど値段と光熱費が高くなる傾向にあるので、自分のライフスタイルを考えて必要なものがついた給湯器を選びましょう。なお、新しい給湯器の方が古いものよりも省エネです。ですから、給湯器を交換することによって、光熱費の節約にもつながるでしょう。