石油給湯器を交換したい方必見!給湯器の特徴と選び方を紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

石油給湯器とは、灯油を燃料としてお湯を沸かして給湯する機器です。給湯器というとガスや電気のものがメジャーですが、寒冷地や毎日大量にお湯を使う施設では、石油給湯器が大活躍しています。石油給湯器にはいろいろな種類があり、近年は排熱を再利用してより効率的にお湯を沸かす次世代型石油給湯器、エコフィールも登場しました。

今回は、石油給湯器の選び方をご紹介しましょう。

  1. 石油給湯器の基礎知識
  2. ​石油給湯器の選び方
  3. 業者選びのポイント
  4. 石油給湯器の交換や選び方に関するよくある質問

この記事を読めば、石油給湯器の交換や設置をする際の参考になります。石油給湯器の交換を考えている方は、ぜひ読んでみてください。


1.石油給湯器の基礎知識

この項では、石油給湯器の基礎知識をご紹介します。どのような特徴を持つ給湯器なのでしょうか?

1-1.石油給湯器とは

石油給湯器とは、灯油を燃料に使ってお湯を沸かす給湯器です。電気やガスを燃料とする給湯器よりもパワーがありコストが安いというメリットがあります。ですから、東北や北海道といった寒冷地や商業施設など毎日たくさんお湯を使う場所では重宝される給湯器です。

石油給湯器には、水道の圧力をそのまま利用してお湯を給湯する水道直圧式、水道の圧力を弱めてお湯を給湯する減圧式、水道直圧式とほぼ同じ圧力を得ることができて価格がやや安い高圧式があります。現在最も普及しているのが、水道直圧式です。ただし、水道管が古い場合などは減圧式しか設置できないところもあります。

1-2.石油給湯器のメリット・デメリット

石油給湯器のメリットは、パワフルな給湯力とコストの安さです。毎日大量のお湯を使うところや寒冷地では石油給湯器が最もコストパフォーマンスがよく、お湯も安定して供給ができます。

デメリットは、給油の手間と火事の危険があることです。石油給湯器の場合は定期的な給油が欠かせません。ですから、給湯器近くに大きな灯油タンクを設置する必要があります。そのため、住宅密集地やマンションなどの集合住宅では使いにくいですし給油も大変です。また、設置スペースや火事の危険があることから、分譲マンションなどでは石油給湯器が設置できないというところもたくさんあります。また、電気やガスと違って安い時間帯がないのもデメリットです。

1-3.石油給湯器がおすすめの場所

  • 毎日大量にお湯を使う
  • 家族の人数が多い
  • 寒冷地に住んでいる
  • 一戸建て

このような場所は石油給湯器がおすすめです。

1-4.次世代の石油給湯器も登場

電気やガスを使用する給湯器と同じように、石油給湯器もエコフィールという次世代型給湯器が登場しています。エコフィールは従来なら放出されてしまう排熱を再利用し、お湯を沸かす給湯器です。そのため、使用する灯油の量も少なくなりCO2削減にも効果的ということで、環境にも優しい給湯器になっています。

12