給湯器の種類にはどんなものがある? それぞれを比較しました。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

今すぐお湯を使いたいという場合に、なくてはならないのが給湯器です。
今は、どのご家庭にも給湯器は備え付けられているでしょう。
しかし、給湯器にいろいろな種類があることはあまり知られていません。
そこで、今回は現在販売されている給湯器を比較してみましょう。
それぞれの特徴やメリット・デメリットが分かれば給湯器を交換する際の参考になります。
これから家を建てるという方や給湯器の交換を考えている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. 給湯器にはどんな種類があるの?
  2. 給湯器を選ぶポイントとは?
  3. こんな場合は給湯器の交換を検討しよう
  4. おわりに

1.給湯器にはどんな種類があるの?

まず始めに、給湯器にはどんな種類があるかということをご説明しましょう。
電気とガスを燃料とした給湯器があることをご存じの方は、多いでしょう。
しかし、給湯器の違いはそれだけではありません。それぞれを比較してみると、特徴も分かります。

1-1.燃料による違い

給湯器というと、ガスでお湯を沸かすガス給湯器を思い浮かべる人も多いでしょう。
ガスを燃料とした湯沸かし器は最もポピュラーなものです。
そのほかには電気を燃料とした給湯器があります。
オール電化住宅の給湯器は、電気を燃料としていることがほとんどです。
また、電気代が安い深夜にお湯をまとめて沸かしておく給湯器もあります。
さらに、北国など冬にお湯を大量に使う地域では、石油を燃料とする給湯器も活躍しているのです。

1-2.お湯を沸かすシステムの違い

給湯式には貯湯式と瞬間式があります。
瞬間式とは、お湯を使うときに給湯器を使って、電気やガスの力でお湯を沸かすシステムです。
貯湯式とは、電気代やガス代が安い深夜にお湯をまとめて沸かしておき、給湯器内にためておくシステム。
電気代やガス代、水道料が常に一定というメリットがある一方で、給湯器内のお湯を使いきってしまえば沸かすまでに時間がかかるというデメリットがあります。
また、現在では今まで空中に逃がしていた排気熱を使って、お湯を沸かすシステムの給湯器もあるのです。

1-3.サイズの違い

給湯器にはいろいろなサイズがあります。最も小さいものはキッチンにつけるガス瞬間湯沸かし器です。
また、大型のものになると給湯だけでなく、床暖房までカバーしているものもあります。
家族やライフスタイルに合わせた給湯器のサイズを使うことが大切で、小さすぎたり大きすぎたりする給湯器を使うと、光熱費が余計にかかるでしょう。

12