エネファームの仕組みやメリット・デメリットとは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気やガスの力でお湯を沸かす給湯器は、年々進歩を続けています。
より少ないエネルギーでより効率的にお湯を沸かせる給湯器は、次世代型給湯器とも呼ばれているのです。
そこで、今回はそんな次世代型給湯器の一種、エネファームのメリット・デメリットをご紹介します。
次世代型給湯器というと、排熱を再利用してお湯を沸かすエコジョーズやエコキュートが有名ですが、エネファームはどのような特徴があるのでしょうか?
答えはこの記事を読めば分かります。

  1. エネファームとは?
  2. エネファームのメリット・デメリットとは?
  3. エネファームの導入がお勧めの家とは?
  4. エネファームを導入するまでの流れとは?
  5. おわりに

1.エネファームとは?

エネファームとは、「家庭用燃料電池コージェネレーションシステム」の商品名です。
しかし、これだけではなんのことか分からない方が多いでしょう。
もう少し具体的にご説明します。
エネファームは、都市ガスやプロパンガスを使って発電とお湯を沸かす給湯器です。
家庭でできる発電というと太陽光発電が有名ですが、天然ガスに含まれている水素でも発電が可能。
また、発電をすると必ず熱が発生します。
この熱を利用してお湯を沸かしタンクに貯湯して必要なときに使う。
これが、エネファームの仕組みです。
発電できる電力は家で使えますので、電気料金の節約もできるでしょう。
また、天然ガスを利用した水素発電は、二酸化炭素の排出量が少なく環境にも優しいのです。
ですから、導入する際に自治体から補助金が出ることもあります。
なお、エネファームは都市ガスだけでなくプロパンガスでも利用できるのです。

12