給湯器の水漏れを解決! 原因と対処法をわかりやすく解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給湯器のトラブルで、最も多いものが「水漏れ」だそうです。
給湯器からいきなり水が漏れだしたら、パニックになる方もいるでしょう。
そこで、今回は給湯器の水漏れの原因と対処法をご紹介します。
給湯器から水が漏れていても故障とは限らないのです。
しかし、放置しておいてはいけません。
必ず対処しましょう。
これからひとり暮らしをするという方も、給湯器のトラブルについて知っておいた方がよいですよ。
もちろん、水漏れが起こっておりどうしたらよいのか悩んでいる方も必見でしょう。

目次

  1. 給湯器の水漏れがする原因
  2. 自分で給湯器の修理はできるのか?
  3. 水漏れを放置しておくとどんな危険があるのか?
  4. 給湯器の修理方法とは?
  5. 給湯器の寿命はどのくらい?
  6. おわりに

1.給湯器の水漏れがする原因

まず始めに、給湯器から水漏れがする原因をご紹介していきます。
故障でなくても水が漏れる原因とはどんなものがあるのでしょうか?

1-1.長期間使っていなかった

旅行や帰省などで給湯器を長期間使っていなかった場合は、内部の減圧のために水抜き栓から水を排出することがあります。
長期間給湯器を使っていないという場合は、念のために一度お湯を出してみましょう。
問題なくお湯が出る場合は、そのまま様子を見てください。
ただし、北国の場合は給湯器内部の水が凍って膨張(ぼうちょう)し、パッキンや接続部が壊れてしまう場合もあります。
北海道などの北国で、水抜きをせずに長期間留守した、という場合は念のために業者に見てもらってください。

1-2.経年劣化による水漏れ

給湯器は毎日使うものです。
ですから7年~10年くらいたつと内部の部品がいたんで、水漏れをする可能性があります。
特に、パッキンなどのゴム製の部品は劣化すると破損しやすいでしょう。
経年劣化による水漏れは、部品を交換したり給湯器自体を買い替えたりしない限り改善しません。
古い給湯器が水漏れを起こした場合は、給湯器の寿命と考えましょう。

1-3.整備不良

まだ新しい給湯器から水漏れがしだした、という場合は取りつける際に整備不良だったということも考えられます。
特に、新品の給湯器を設置してすぐに水漏れがしたという場合は、整備不良の可能性が高いです。
すぐに設置した会社に連絡して、再度確認をしてもらいましょう。
整備不良の場合は無料で修理してもらえます。

1-4.水抜き栓から水が漏れている場合は心配ない

給湯器は、内部の圧力が高まった場合は水抜き栓から水を排出して圧力を下げます。
ですから、水抜き栓から水が出ている場合は心配いりません。
逆に、水抜き栓以外の場所から水が出ている場合は故障の可能性が高いので、修理をしてもらってください。
水抜き栓の位置は、説明書を見ればわかります。