給湯器のお湯が出ない原因は? 主な対処法を詳しく教えます!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給湯器のお湯が出ないと、とても困りますよね。まずは、何が原因でお湯が出ないのかを突きとめることが必要です。しかし、どんな原因で出ないのか・故障との見極め方は何かなど、よく分からないこともあるでしょう。そこで今回は、給湯器からお湯が出ない原因と対処法について詳しく解説します。

  1. 給湯器のお湯が出ないときにチェックすること
  2. 給湯器のお湯が出ない主な原因と対処法
  3. 給湯器の故障について
  4. 給湯器の修理や交換について
  5. 給湯器からお湯が出ないことに関するよくある質問

この記事を読むことで、給湯器からお湯が出ない原因が分かり、適切に対処することができます。まずは、記事を読んでみてください。


1.給湯器のお湯が出ないときにチェックすること

最初に、給湯器のお湯が出ないときにチェックすることを見ていきましょう。

1-1.お湯が出ないときのチェックリスト

給湯器からお湯が出ないときは、以下の内容をチェックしてみましょう。

  • 水は出るか
  • ガスは来ているか
  • 電源は入っているか
  • 給湯器にエラーコードが出ていないか
  • 給湯器が故障していないか

1-2.お湯が出ないときによくあるパターン

給湯器からお湯が出ない場合、以下のようなパターンが見られます。給湯器だけの問題か、全体的な問題か確認してください。

  • お湯は出ないが水は出る
  • お湯も水も出ない
  • お湯の温度が低い
  • お湯は出ないがガスコンロは使える
  • お風呂だけ・キッチンだけお湯が出る

2.給湯器のお湯が出ない主な原因と対処法

給湯器のお湯が出ない主な原因と対処法について詳しく解説します。

2-1.水道管の凍結

水道管が凍結しているとお湯も水も出ません。冬場で外気温が-4℃程度になると、水道管が凍結することがあります。キッチンの蛇口などをひねって水が出ない場合は、凍結している可能性が高いでしょう。外気温が上昇して凍結が解消すれば、元どおりに使えるようになります。

2-2.水もれ

配管もしくは給湯器本体からの水もれも、お湯が出ない原因のひとつです。配管や給湯器の下がぬれている場合は、水もれを疑いましょう。水もれを放置すると悪化するだけでなく、漏電などの危険もあります。すぐに業者に連絡し、対応してもらいましょう。

2-3.ガスが来ていない

ガス給湯器の場合は、ガスが使えないことも原因となります。ガスの供給がストップしていれば、ガスコンロも使えないはずです。ガスコンロは正常に使えるのに、給湯器からお湯が出ないのなら、給湯器側に問題があると考えましょう。

2-4.給湯器の故障

給湯器の故障のため、お湯が出ないこともあります。給湯器の故障が原因の場合は、家全体のお湯が出ないはずです。ガスコンロが使えるのなら、給湯器の故障が濃厚でしょう。また、風呂もしくはキッチンだけお湯が出ないのなら、給湯器からそれぞれの場所にお湯が流れるまでに問題がある可能性があります。

2-5.設定温度やブレーカーのチェックも忘れずに

見落としがちなのが、設定温度やブレーカーです。設定温度は適温か、ブレーカーは落ちていないかチェックしてください。設定温度が低すぎれば、お湯の温度が上がりません。また、ブレーカーが落ちていれば、電源が入らずお湯をわかすことができないでしょう。

3.給湯器の故障について

給湯器が故障した場合の症状や状態について詳しく解説します。

3-1.購入後10年以上のものは寿命の可能性

給湯器を購入後10年以上経過している場合は、寿命を迎えた可能性があります。以下のような症状が出ている場合は、寿命と考えましょう。

  • 頻繁に不具合が出る
  • 使用時に異音・異臭がする
  • 湯温が安定しない
  • 一部の機能が使えない
  • 突然電源が落ちる
  • 電源が入らない

3-2.エラーコードを確認して対応する

給湯器に不具合が出たときは、エラーコードの表示を確認し、対応しましょう。具体的な対応方法は、使用説明書もしくはメーカーのホームページなどを参考にしてください。エラーコードの対応だけで復旧し、元どおりに使える場合もあります。復旧できても同じエラーが繰り返し頻発する場合は故障と考え、業者に相談してください。

4.給湯器の修理や交換について

給湯器の修理や交換について詳しく解説します。

4-1.比較的新しい給湯器は修理可能なこともある

給湯器でも、比較的新しいものは修理できることがあります。たとえば、以下のような場合は修理を考えてみましょう。

  • メーカー・販売店の保証期間内で無料修理可能
  • メーカーに補修用部品があり修理費用が安価

4-2.修理費用が高い・修理不可の場合は交換

給湯器が故障した場合で以下のようなケースは、給湯器の交換をおすすめします。

  • 修理費用が高い:主要部品の交換で数万円程度かかるなど
  • 修理不可:メーカーに補修用部品の在庫がない

4-3.修理は数千円程度~・給湯器の交換は10万円程度~が目安

給湯器の修理・交換費用は、以下を目安にしてください。

  • 修理(簡単な部品交換や調整):数千円程度~
  • 交換:10万円程度~

実際の金額は、修理内容や給湯器の種類・設置条件などによって大きく異なります。詳しくは、業者からの見積もりを確認してください。

4-4.信頼できる業者の選び方

給湯器の修理や交換は、以下の条件を満たす業者に依頼しましょう。

  • 給湯器の修理・交換実績が豊富
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルな料金システム
  • 都合のいい日時に対応してもらえる
  • トラブル対応能力が高い
  • スタッフの対応が親切で顧客からの評判もいい
  • 保証やアフターサービスが充実している

なお、当給湯器設置・交換ガイドでも、給湯器の修理や交換のご相談をお受けしています。まずは、お気軽にご連絡ください。

5.給湯器からお湯が出ないことに関するよくある質問

最後に、給湯器からお湯が出ないことに関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.キッチンでお湯を使うとたまにお風呂でお湯が出ないことがあるのですが?
A.給湯器の能力にも限界があります。使い方によっては、給湯が間に合わなくなりお湯が出なかったりぬるくなったりすることもあるでしょう。同時使用を控えるか、大容量の給湯器への買い替えをおすすめします。

Q.地震発生直後からお湯が出ないのですが?
A.地震などの災害発生直後は、安全装置が働いてガス供給がストップすることがあります。まずは、ガスメーターを確認し必要に応じて復旧してください。復旧できないときは、ガス会社に連絡して対応してもらいましょう。

Q.修理したのにまた不具合が出たらどうする?
A.まずは、修理業者に連絡してチェックしてもらいましょう。再度修理しても不具合が出るのなら、給湯器の交換が必要です。

Q.古い給湯器を買い替えるなら大容量の機種にしたほうがいい?
A.一概には言えません。少人数で入浴回数が少ない場合などは、大容量の機種だと持て余しがちです。また、マンションなどの集合住宅では、設置条件が合わないこともあるでしょう。まずは、信頼できる業者に機種選びのアドバイスを受けることをおすすめします。

Q.冬場だけ一時的にお湯が出にくくなる理由は?
A.外気温が低すぎることが原因です。外気温が低すぎると、せっかくお湯をわかしてもすぐに冷めてしまいます。条件によっては、寒冷地仕様の給湯器に買い替えることも検討してください。

まとめ

今回は、給湯器からお湯が出ないことについて詳しく解説しました。給湯器からお湯が出ないときには、何が原因か正しく突きとめる必要があります。この記事を参考に、ひとつずつ確認してお湯が出るようになるか試してみてください。また、エラーコードが出ている場合は、給湯器の使用説明書などを見て対応しましょう。なお、何をやってもお湯が出ない・原因がよく分からないなどの場合は、信頼できる業者に連絡してチェックしてもらうことをおすすめします。給湯器の故障によりお湯が出ないのなら、業者とよく相談して修理もしくは交換を検討してください。