給湯器の選び方がわかる8か条~賢く比較して1番いいものを買う~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給湯器は生活になくてはならないものです。キッチン・洗面・浴室など、お湯を必要とする場所はどの家にもあります。必要とされるからこそ、大手メーカーを始め、給湯器市場は新商品を続々と世に送り出しているのでしょう。
種類が豊富なのは構いません。
ですが、どれを購入したらよいのか「選び方」がわからない方も多いでしょう。
インターネットなどで調べて比較するにも、基準がわからなければやりようがありません。そこで、この記事では「給湯器の選び方」について徹底解説します。インターネットなどに掲載されている情報から要点を抜粋していますので、順を追って見ていきましょう。

  1. 給湯器の選び方~給湯熱源で選ぶ~
  2. 給湯器の選び方~設置場所のチェック~
  3. 給湯器の選び方~号数で選ぶ~
  4. 給湯器の選び方~給湯方式で選ぶ~
  5. 給湯器の選び方~機種タイプで選ぶ~
  6. 給湯器の選び方~機能で選ぶ~
  7. 給湯器の「工事費」「光熱費」「価格」について
  8. 給湯器交換業者の選び方
  9. 給湯器の選び方にかんするよくある質問
  10. まとめ

賢く給湯器を選んで、自分のニーズに合う最高の商品を購入しましょう。専門用語もかみくだいて解説します。ぜひ最後までお付き合いください。


1.給湯器の選び方~給湯熱源で選ぶ~

給湯器の選び方で注目すべきは「給湯熱源」でしょう。各特性を比較して、ご自宅にふさわしいものを選んでください。給湯熱源はライフスタイルに直接影響します。

1-1.ガス

ガス給湯器には「貯湯式」と「瞬間式」の2種類があります。
タンクにたまっている水をガスで温めてお湯に変える仕組みが「貯湯式」です。そして、水栓を開けるとガスに着火し、パイプを通る水が熱せられることでお湯を作る仕組みが「瞬間式」となります。つまり、瞬間式ですと常に新しいお湯を使用できるわけですね。
なお、ガス給湯器は国内で最も多く使われている給湯器といえます。

1-2.電気

電気給湯器は「貯湯式」で、タンクにお湯をためて使います。
深夜帯の電気料が安い時間に水を熱し、85度~90度のお湯でタンクに貯蓄するのです。あまりないですが、過剰に使うと使用中にお湯のストックが尽きてしまうこともあるのが難点でしょうか。ですが、タンクには常にお湯があるので災害時に大変役立ちます。

1-3.石油(灯油)

石油給湯器の原理は「ガス給湯器の瞬間式」と同じです。石油(灯油)をバーナーによって燃やし、パイプを通る水を熱します。
以前は大型の貯湯タンクを内蔵した「貯湯式」が多く、タンク内の水がお湯に変わるまで時間が必要でした。現在使われているものは上記の問題を改善し、ガス給湯器と同じ仕組みを採用しています。

1-4.ハイブリッド

「ハイブリッド」と呼ばれる給湯器は、電気給湯器とガス給湯器の利点をあわせ持っています。タンクのお湯を使いますが、貯水量が足りなくなるとガス給湯器と同様に必要量だけ加温して使うのです。

 1-5.太陽熱

太陽熱を利用する給湯器があります。単独では使えず、貯湯式のものと組み合わせて使うことになるでしょう。

1-6.メリットとデメリット

【ガス】
設置スペースが小さく給湯器が安価な反面、光熱費が比較的高い。
【電気】
深夜料金を利用するので光熱費が安く、火を使わないので安全です。ただ、貯水式ですのでタンクを設置する必要があり、給湯量にも上限があります。
【石油】
月々の光熱費が安いですが、最近は灯油の価格が安定していません。灯油をためるタンクを取り付けるスペースも必要ですので、給油の手間と合わせてあまり利便性に優れているとはいいづらいでしょう。
【ハイブリッド】
排出されるCO2を削減するので環境に優しいです。しかし、給湯器の値段は高額になります。
【太陽光】
天気に左右され、設備費用も高くなりがちです。しかし、給湯のコストはほかと比較しても格段に安いでしょう。

1-7.それぞれ向いているタイプ

給湯器は日々進化を遂げています。できれば熱源で選ぶのではなく、ライフスタイルに合わせた方がよいでしょう。詳しくは後述します。

1-8.光熱費の比較

給湯器の選び方で着目したいのが光熱費ですね。端的に述べると下記のようになります。
【安】 太陽熱の給湯器→電気給湯器→ハイブリッド→石油給湯器(市場に左右される)→ガス給湯器 【高】