冬のお風呂場が寒い!!寒さ対策の方法とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

1年で最も寒い季節がやってきました。
今年は暖冬だそうですが、それでも寒いことには変わりありません。
こんな季節は、熱いお風呂がうれしいですが脱衣所や風呂場が寒くて悩んでいる方も多いでしょう。
そこで、今回は風呂場の寒さ対策についてご紹介します。
脱衣所と洗い場、そして浴槽内の温度差が大きいと健康に悪影響が出ることもあるのです。
また、入浴後に湯冷めしない方法も一緒にご紹介します。
浴室や脱衣所が寒くて困っている方は、ぜひ参考にしてください。

  1. お風呂が寒いデメリットとは?
  2. お風呂場の寒さ対策とは?
  3. お風呂場をリフォームしたいと思ったら
  4. おわりに

1.お風呂が寒いデメリットとは?

まず始めに、お風呂場が寒いデメリットをご紹介します。
築年数がたった家ほどお風呂場は寒いことが多いです。
がまんして入ればよい、というわけではありません。

1-1.ヒートショックの危険がある

ヒートショックとは、温度差が激しい場所に短時間で移動すると血圧が急激に上がったり下がったりして、脳出血や心筋梗塞が発症しやすくなることです。
特に、高血圧の持病がある方は、ヒートショックが起こりやすいので注意が必要になります。
また、高血圧でなくても飲酒して血管が広がった状態で暖かい室内から寒い風呂場、さらに熱い浴槽の中と短時間で移動すると、ヒートショックのリスクが高まるでしょう。

1-2.かぜをひきやすくなる

いくら浴槽内で温まっても、脱衣所が寒ければあっという間に湯冷めをしてしまいます。
その結果、かぜをひきやすくなるでしょう。
また、洗い場が寒い場合も同様です。
特に、高齢者や子どもは温度の変化に弱いので、要注意でしょう。

1-3.光熱費が余計にかかる

お風呂場が寒いということは、浴槽にためられているお湯も冷めやすくなるということです。
光熱費を節約しようと続けて入っても、お風呂場が寒ければお湯はどんどん冷たくなっていきます。
ですから、沸かし直しや足し湯が必要になり、冬場になると光熱費がはね上がるでしょう。
特に、古い浴室は床が陶器製のタイルですから、余計に熱を奪いやすいのです。

12