リラックス効果がぐんとアップ。お風呂で使えるグッズとは!?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

入浴は、体だけではなく心の疲れを取る効果も期待できます。
特に、日本人は湯船にゆっくりとつかる習慣がありますから、入浴時間も長くなりがちです。
そこで、今回はお風呂でよりリラックスできるグッズをご紹介しましょう。
入浴中は読書をしたり音楽を聴いたりするという方もいると思います。
そこに、すてきな香りや心地よい刺激などがあったら、もっとリラックスできるでしょう。
今は、お風呂でリラックスできるグッズもたくさん販売されています。
今回は、その中でもお勧めのものをいくつかご紹介しましょう。
入浴タイムにもっとリラックスしたい方は必見ですよ。

目次

  1. 入浴するとリラックスする理由とは?
  2. お風呂は退屈?リラックス効果を高めるものとは?
  3. 気に入ったら注文しよう。お勧めのリラックスグッズとは?
  4. リラックスグッズは使い方を守ろう
  5. おわりに

1.入浴するとリラックスする理由とは?

入浴は、40度前後のお湯に全身をつけます。すると、副交感神経が活発になるのです。
副交感神経とは、人間が意識して操作できない体の動きをつかさどっている神経のひとつ。
副交感神経が活発になると気分がゆったりとして心拍数が穏やかになり、体温が下がっていきます。
「入浴すると体が温まるのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、それはあくまでもお湯の効果です。
人の体温は1日のうちで微妙に変化します。
朝起きると同時に体温が上がってきて正午~午後にかけて最高になるのです。
そして、日暮れとともに体温は徐々に下がり、眠りにつくころには低くなります。
しかし、何らかの原因で脳内がひどく興奮していると、いつまでたっても体温が下がらず眠れなくなるのです。
「お風呂に入ると眠気がくる」というのは、体を温めたことにより副交感神経が活発になり、リラックスした結果でしょう。