カテゴリー:お風呂について

追い焚きと足し湯ではガス代はどう違うの? お得なのはどっち?

9月も半ばを過ぎ、夜は肌寒さを感じる日も多くなりました。
夏の間はシャワーで入浴を済ませていた人も、そろそろ湯船につかりたいと思うようになるでしょう。
そこで、気になるのがガス代と水道代です。
今回は、追い焚きと足し湯のどちらがお得で速いか比べてみましょう。
また、今はエコキュートやエコジョーズなど新しいタイプの給湯器もあります。
それらは従来のものに比べるとどれだけお得なのでしょうか?
お風呂のガス代や水道代をできるだけ節約したいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. お風呂の節約術はあてになりにくい?
  2. 追い焚きと足し湯の違いとは?
  3. 足し湯と追い焚きとどちらがお得なの?
  4. エコキュートや深夜電気温水器に変えた方がメリットは大きいのでは?
  5. ガス代や水道代を節約するにはどうしたらいいの?
  6. おわりに

これからの季節必見! お風呂の湯冷め防止法を5つ紹介

これから朝晩が冷え込む時期がやってきます。
特に冷え性の人は、体を温める方法について知りたいと思っているでしょう。
体を温める方法の1つが、入浴です。
しかし、お風呂に入ったのに入浴前より体が冷えていると感じたことはありませんか?
そんなときは、湯冷めしているのでしょう。

  • お風呂に入ってもすぐ湯冷めしてしまう
  • 湯冷めはなぜ起こるのか?
  • 湯冷め防止方法を知りたい

そんな人たちのために、湯冷めの原理や症状、防止方法についてまとめてみたいと思います。

目次

  1. 湯冷めの原理
  2. 湯冷めを防ぐための方法
  3. まとめ

お風呂について

シャワーの水圧が弱くなる原因は? 水圧を復活させる方法を解説!

シャワーを勢いよく浴びるのは心地がよいものです。毎朝熱いシャワーを浴びて目を覚ましている、という方も多いでしょう。しかし、「引っ越したらシャワーの水圧が弱くなった」「だんだんとシャワーの水圧が弱くなっている」と悩んでいる方も少なくありません。

そこで今回は、シャワーの水圧を上げる方法や水圧が弱くなる原因をご紹介します。水圧が弱くなると「故障かな」と思いがちですが、自分で直せるケースもあるのです。シャワーの水圧を強くしたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. なぜ、シャワーの水圧が弱くなるのか
  2. シャワーの水圧を上げる方法は?

水風呂にはどのような効果があるの? 効果を発揮する水風呂の入り方

「水風呂良いよ~」と知人から言われたら気になってしまいますよね。
しかし、本当に水風呂は私たちに良い効果をもたらしてくれるのでしょうか。
暑い日は気持ちが良い水風呂の効果や正しい入り方、注意点について説明します。
水風呂が気になっている人はぜひチェックしてくださいね。
水風呂の効果を実感するには、正しい入り方を知っておかなければなりませんよ。

目次

  1. 水風呂の効果
  2. 水風呂の正しい入り方
  3. 水風呂に入る際の注意点

風呂上がりに立ちくらみを起こす原因と対処の仕方とは?

9月になり、涼しい日も増えてきました。
温かいお風呂につかる日も増えてくることでしょう。
しかし、お風呂は気持ちがいい反面事故も多いです。
特に、風呂上がりの立ちくらみにヒヤッとした方は多いのではないでしょうか?
そこで、今回は風呂上がりの立ちくらみが起こる原因や対処の仕方をご説明します。
お風呂は裸で入る場所。
また、水もありますから体の自由が利かなくなるととても危険な場所です。
風呂上がりに立ちくらみをしやすいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. なぜ、立ちくらみが起こるのか?
  2. お風呂は危険がいっぱい?
  3. 立ちくらみの対処法とは?
  4. 立ちくらみを予防する方法とは?

お風呂について

放置してしまいがちなお風呂。簡単にキレイに掃除するコツとは?

毎日使っているのに、一番掃除が面倒なのはお風呂です。
放置しておくと、ピンク色の水垢(みずあか)が浮き出てきたり、カビが繁殖してしまったりすることも。
日常生活で欠かせない場所ですから、清潔を保ちたいものですよね。
簡単なコツを覚えて、お風呂を快適でキレイな空間に変身させましょう。

  1. 簡単でもキレイになるお風呂の掃除方法
  2. 重曹を使った掃除
  3. まとめ

お風呂について

家の風呂が簡易的なサウナになるって本当?その方法とは?

入浴は体を清潔にするだけでなく、リラックス効果も期待できる優れたものです。
最近は、家庭のお風呂設備も充実し、いろいろな機能を備えた浴室もあります。
特に、人気のある設備はサウナ。発汗作用やデトックス作用もあり、ダイエットにも効果的です。
しかし、自宅の浴室にサウナ施設を造るたえには、費用がかかります。
そこで、今回は家の風呂を簡単なサウナにする方法をご紹介しましょう。

  1. サウナの効果とは?
  2. 家の風呂を簡易サウナにする方法とは?
  3. サウナを利用する際の注意点
  4. サウナとダイエットの関係

お風呂について

半身浴の効果と正しい入り方とは? 温度設定や入浴時間に注意!

半身浴が美容やダイエットに効果的ということは、よく知られています。自分もやってみたいと思っている人も多いことでしょう。その一方で、「半身浴のやり方がたくさんありすぎて、どれを実践していいか迷ってしまう」という人もいると思います。半身浴は正しいやり方で行ってこそ、はじめて効果が期待できるものです。

そこで今回は、半身浴の正しいやり方を解説しましょう。

  1. 半身浴とは?
  2. 半身浴は健康的?
  3. 冷え性の解消にも効果的
  4. 効果的な半身浴の方法とは?
  5. おわりに

この記事を読めば、半身浴を行う際の注意点等もよく分かります。半身浴を実践してみたいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。


お風呂について

風呂の適温は何度? 季節や目的に応じた風呂の最適温度は?

風呂は、1日の身体の汚れを落とすだけではなく、健康維持や美容のために毎日入りたいものです。風呂の効果を上げるには、お湯の温度がポイントになります。そこで、季節・目的・人によって異なる風呂の「適温」をご紹介しましょう。

  1. 風呂の適温は何度?
  2. 季節別の風呂の適温
  3. 新生児・妊婦・高齢者・ペットの場合の適温
  4. 熱い風呂の危険性
  5. まとめ

お風呂について

シャワーと風呂、ガス代がより節約できるのはどっちなの?

世の中にはたくさんの節約術があります。
食費と並んで節約しやすいのは、ガス代や電気代などの光熱費でしょう。
そして、よく話題にあがるのがシャワーと風呂のどちらにした方が、ガス代は節約できるかということ。
そこで、今回はシャワーと風呂のガス代を比較してみましょう。
家族構成によってもお得な方が変わるのです。
また、光熱費が節約できる入浴の仕方もご紹介しましょう。
これからひとり暮らしをされるという方や光熱費をできるだけ節約したい方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

  1. シャワーは本当にお得なのか?
  2. シャワーの方がガス代を節約できる条件とは?
  3. ガス代を節約しながら入浴する方法とは?
  4. 節約にやっきになりすぎないことも大切
  5. おわりに