半身浴の効果と正しい入り方とは? 温度設定や入浴時間に注意です!!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

暑さが一段落してくると、あったかいお風呂にゆっくりつかりたいという人も増えてきます。
入浴は体を清潔にするだけでなく、発汗による新陳代謝の促進や疲労回復などメリットがたくさんあるのです。
特に、最近は半身浴にダイエット効果を期待している人も多いでしょう。
そこで、今回は半身浴の効果や入り方をご紹介します。
半身浴は、下半身だけをお湯につける入浴方法ですが、入り方によってより効果が高まるのです。
半身浴を行ってみたいという方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

目次

  1. 半身浴とは?
  2. 半身浴は健康的?
  3. 冷え性の解消にも効果的
  4. 効果的な半身浴の方法とは?
  5. おわりに

1.半身浴とは?

半身浴とは、前述したように腰のあたりまでお湯につかる入浴方法です。
「肩までしっかりつかりましょう」という言葉があるように、日本では昔から体のほとんどをお湯につける全身浴が主流でした。また、日本の昔の浴槽は深さがあるものが多かったので、全身浴向きだったのですね。
しかし、全身浴ではお湯につかっている面積が多い分、すぐに温まったように感じられます。
ですから、長い時間入っていられません。
また、日本のお風呂の温度は40度~42度と少し高めのことが多いので、なおさら入浴時間が短くなりがちなのです。
さらに、心臓のあたりまでお湯につかってしまうと動悸(どうき)が激しくなったり、血圧が急激に上昇して脳出血が起こりやすくなったりします。
ですから、高齢者が熱いお風呂に肩まで長時間つかるのは、危険が多いのです。
一方半身浴の場合は、ぬるめのお湯に腰までつかるだけですから、下半身からじわじわと温まっていきます。
なので、20分~30分と長い間お湯につかっていられるでしょう。
また、熱いお湯に短時間つかるよりも、ぬるいお湯に長時間つかった方が、発汗効果が高いです。
半身浴の方が全身浴よりも新陳代謝が活発になりやすく、デトックス効果もあるでしょう。

12