家の風呂が簡易的なサウナになるって本当?その方法とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

入浴は体を清潔にするだけでなく、リラックス効果も期待できる優れたものです。
最近は、家庭のお風呂設備も充実し、いろいろな機能を備えた浴室もあります。
特に、人気のある設備はサウナ。発汗作用やデトックス作用もあり、ダイエットにも効果的です。
しかし、自宅の浴室にサウナ施設を造るたえには、費用がかかります。
そこで、今回は家の風呂を簡単なサウナにする方法をご紹介しましょう。
本格的なサウナのようにはいきませんが、それでも発汗効果や湯船にただつかるより体を温める効果は期待できます。
興味がある方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. サウナの効果とは?
  2. 家の風呂を簡易サウナにする方法とは?
  3. サウナを利用する際の注意点
  4. サウナとダイエットの関係

1.サウナの効果とは?

サウナとは蒸し風呂のことを指します。
サウナというとフィンランドの浴室設備というイメージが強いですが、日本のお風呂も江戸時代以前はサウナと同じ仕組みの蒸し風呂だったのです。
サウナには65度~130度にまでなるフィンランド式サウナと、高温水をノズルから噴き出すことで室温が40度前後になるミストサウナがあります。
スーパー銭湯などの入浴施設には、両方のサウナが備え付けてあることもあるでしょう。
サウナはお湯につかるよりも発汗効果が期待できます。
また、汗と一緒に皮膚にたまっている老廃物が流れだすので、デトックス効果も高いのです。
さらに、血液循環が活発になることで、運動をした後のような心地よい疲労感がえられます。
そのため、サウナに入ってから眠りにつくと質のよい睡眠が取れやすいでしょう。
さらに、注目したいのが体を温める効果です。
サウナの本葉フィンランドでは、サウナで十分に温まった後に雪の積もった外に出て白カバの枝で体をたたきます。
これは、パフォーマンスではありません。
サウナで温まった体をクールダウンさせ、枝でたたくことでより血行をよくするのです。
また、サウナは体の芯から温めるので、裸に近い格好で屋外に出ても寒くないのでしょう。
つまり、冷え性の改善効果も期待できます。
ぜひ積極的に利用したいものです。

12