風呂や洗面所の鏡を曇り止めする方法とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

今年も残るところあと少しになりました。大掃除に取りかかる方もそろそろ増えてくると思います。
さて、家の中で最も汚れがたまりやすいところのひとつが、浴室。
特に、鏡が曇ってしまっていたり、うろこ汚れがついたりしたいるおたくも少なくないと思います。
そこで今回は鏡の曇り止めの方法や汚れの落とし方をご紹介しましょう。
鏡についた汚れは意外とがんこです。
ですから、ぜひこの記事を読んでピカピカの鏡で新年を迎えてください。

  1. 鏡はなぜ曇るの?
  2. 鏡の曇り止めの方法とは?
  3. 鏡にうろこ汚れがついてしまったら?
  4. 浴室や洗面所を常にきれいにたもち続けるコツとは?
  5. おわりに

1.鏡はなぜ曇るの?

浴室や洗面所の鏡がすぐに曇って困るというおたくは多いでしょう。
しかも、浴室や洗面所など、一番鏡を使うことの多いところのものほど曇りやすいのです。
鏡が曇り原因は、水滴。
細かい水滴が鏡の表面をおおってしまうと、光が乱反射して曇ってみえるのです。
ですから、水を使う洗面所や浴室の鏡は曇りやすいでしょう。
また、使う水の温度も問題です。鏡が曇りやすいのは、お湯を使っているときでしょう。
お湯を使うと湯気が発生します。湯気とは、水が気体になったもの。
その中には、微量の粒子になった水がたっぷりと含まれています。
それが、鏡につけばあっという間に曇ってしまうでしょう。

12