月別アーカイブ 2015年8月

放置してしまいがちなお風呂。簡単にキレイに掃除するコツとは?

毎日使っているのに、一番掃除が面倒なのはお風呂です。
放置しておくと、ピンク色の水垢(みずあか)が浮き出てきたり、カビが繁殖してしまったりすることも。
日常生活で欠かせない場所ですから、清潔を保ちたいものですよね。
簡単なコツを覚えて、お風呂を快適でキレイな空間に変身させましょう。

  • 簡単でもキレイになるお風呂の掃除方法
  • 重曹を使った掃除
  • まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

家の風呂が簡易的なサウナになるって本当?その方法とは?

入浴は体を清潔にするだけでなく、リラックス効果も期待できる優れたものです。
最近は、家庭のお風呂設備も充実し、いろいろな機能を備えた浴室もあります。
特に、人気のある設備はサウナ。発汗作用やデトックス作用もあり、ダイエットにも効果的です。
しかし、自宅の浴室にサウナ施設を造るたえには、費用がかかります。
そこで、今回は家の風呂を簡単なサウナにする方法をご紹介しましょう。
本格的なサウナのようにはいきませんが、それでも発汗効果や湯船にただつかるより体を温める効果は期待できます。
興味がある方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. サウナの効果とは?
  2. 家の風呂を簡易サウナにする方法とは?
  3. サウナを利用する際の注意点
  4. サウナとダイエットの関係

このエントリーをはてなブックマークに追加

美容効果を上げる入浴法、教えます! ~ダイエットにも最適~

仕事で疲れた体をいやす時間。その時間として入浴時間も含まれるかと思います。しかし、お風呂に入って得られるのはいやしだけではありません。女性にとってはうれしい美肌効果やダイエット効果まであるんです!
この記事では、入浴で得られる効果についてまとめました。

目次

  1. ダイエット効果を高める入浴法
  2. 美容に効果的な入浴
  3. 入浴時に気を付けること
  4. まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

半身浴の効果と正しい入り方とは? 温度設定や入浴時間に注意です!!

暑さが一段落してくると、あったかいお風呂にゆっくりつかりたいという人も増えてきます。
入浴は体を清潔にするだけでなく、発汗による新陳代謝の促進や疲労回復などメリットがたくさんあるのです。
特に、最近は半身浴にダイエット効果を期待している人も多いでしょう。
そこで、今回は半身浴の効果や入り方をご紹介します。
半身浴は、下半身だけをお湯につける入浴方法ですが、入り方によってより効果が高まるのです。
半身浴を行ってみたいという方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

目次

  1. 半身浴とは?
  2. 半身浴は健康的?
  3. 冷え性の解消にも効果的
  4. 効果的な半身浴の方法とは?
  5. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

風呂の適温は何度? 季節や目的に応じた風呂の最適温度とは!

風呂は、1日の身体の汚れを落とすだけではなく、健康維持や美容のために毎日入りたいものです。風呂の効果を上げるには、お湯の温度がポイントになります。そこで、季節・目的・人によって異なる風呂の「適温」をご紹介しましょう。

目次

  1. 風呂の適温は何度?
  2. 季節別の風呂の適温
  3. 新生児・妊婦・高齢者・ペットの場合の適温
  4. 熱い風呂の危険性
  5. まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

シャワーと風呂、ガス代がより節約できるのはどっちなの?

世の中にはたくさんの節約術があります。
食費と並んで節約しやすいのは、ガス代や電気代などの光熱費でしょう。
そして、よく話題にあがるのがシャワーと風呂のどちらにした方が、ガス代は節約できるかということ。
そこで、今回はシャワーと風呂のガス代を比較してみましょう。
家族構成によってもお得な方が変わるのです。
また、光熱費が節約できる入浴の仕方もご紹介しましょう。
これからひとり暮らしをされるという方や光熱費をできるだけ節約したい方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

目次

  1. シャワーは本当にお得なのか?
  2. シャワーの方がガス代を節約できる条件とは?
  3. ガス代を節約しながら入浴する方法とは?
  4. 節約にやっきになりすぎないことも大切
  5. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

給湯器のエコジョーズとは ~従来型と比較してみました~

最近、お湯を沸かしているときに時間が掛かり過ぎたり設定温度にならなかったりしないでしょうか。また、以前よりもガス代や水道代が上がっていることもあるかと思います。光熱費やお湯にトラブルがある場合、給湯器が劣化していることが考えられるでしょう。
ご自身が使っている給湯器が古い場合、修理よりも買い替えのほうが断然お得になります。そこで、おすすめしたいのが「エコジョーズ」です。エコジョーズは従来型の給湯器にはない魅力を備えています。
この記事ではエコジョーズについてまとめてみました。

目次

  1. エコジョーズとは
  2. エコジョーズの機能
  3. エコジョーズと従来給湯器の比較
  4. まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガス貯湯式給湯器の構造や特徴とは!? こんな場所で活躍しています。

給湯器とは、家庭や施設内にお湯を供給する設備のことです。
キッチンに取り付ける小型のものから施設全体の給湯をまかなう大型のものまで、色々な種類があります。
その中から、今回はガス貯湯式給湯器の構造などについてご説明しましょう。
一般家庭ではあまり使われることのないタイプですが、たくさんの人が一度にお湯を使う施設などでは大活躍をしているのです。ガス貯湯式給湯器を使用している施設の方や管理を任されている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. ガス貯湯式給湯器とは?
  2. ガス瞬間湯沸器との違いとは?
  3. 災害時にも安心現在ガス貯湯式給湯器が使われている場所とは?
  4. ガス貯湯式給湯器を設置した場合はどうしたらいいの?
  5. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

給湯器の凍結防止対策とは? 凍結した場合の対処法もご紹介します。

給湯器は、欲しいときにすぐお湯を沸かせる便利な機器です。
特に、寒い季節ほど給湯器のありがたみが感じられるでしょう。
しかし、寒い地方では給湯器が凍結してしまうことも珍しくありません。
そこで、今回は給湯器を凍結防止する方法や、凍結してしまった場合の対処法をご紹介します。
凍結は朝に気付くことが多いので、慌ててしまう方もいるでしょう。
しかし、凍結した給湯器を無理に動かそうとすれば破損するかもしれません。
この記事を読んで対策法を知っておけば、いざというときも安心ですよ。

目次

  1. 給湯器が凍結する原因とは?
  2. 長期間留守にする場合も要注意
  3. 給湯器の凍結防止対策とは?
  4. 給湯器が凍結してしまったら?
  5. 北国に引っ越した場合は気を付けよう
  6. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

浴室で起こりやすいヒートショックの対策とは? 夏でも油断できません

8月も後半になり、やっと暑さもやわらいできました。
しかし、まだまだ残暑が厳しい日もあるでしょう。
こんな日に気を付けたいのがヒートショックです。
ヒートショックというと、冬場に起こる現象というイメージがある方も多いでしょう。
しかし、実は夏場にもヒートショックは発生するのです。
特に、浴室などは要注意でしょう。
そこで、今回はヒートショックを防ぐ方法をご紹介します。
入浴の仕方ひとつで、ヒートショックの危険性が薄れたり逆に高まったりするのです。
ヒートショックの危険性について知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. ヒートショックって何?
  2. ヒートショックは冬だけに起こるとは限らない!!
  3. 今すぐできるヒートショック対策とは?
  4. ​おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 2 次へ