浴室暖房の価格・電気代・工事費はどのくらい?知っておきたい基礎知識

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

浴室暖房を設置するか悩んでいる人は必見です。浴室暖房を設置するメリットや浴室暖房の種類、電気代や価格、浴室暖房乾燥機工事費、設置業者に依頼する際の注意点について説明しましょう。浴室と脱衣所の温度差が激しいと、脳梗塞や心筋梗塞になる可能性があります。実際に、多くの高齢者が命を落としているのです。安心して生活するためにも、浴室暖房について詳しく知りましょう。

  1. 浴室暖房の種類とメリット
  2. 工事費と電気代はどのくらい?
  3. 設置業者に依頼する際の注意点
  4. まとめ

1.浴室暖房の種類とメリット

浴室暖房はさまざまな種類があります。自分の目的や浴室の大きさに合った浴室暖房を選ばなければなりません。さまざまな種類を把握しておけば、適切な種類が選べるでしょう。また、浴室暖房をつけるメリットについても説明します。

1-1.「ヒートショックの防止」と「洗濯物の室内干し」

浴室暖房のメリットは、主に2つあります。「ヒートショックの防止」と「洗濯物の室内干し」です。

ヒートショックという言葉を聞いたことがあるでしょうか。ヒートショックとは、寒い浴室の温度差で起こる体の変化です。血圧が急激に変わるため、体に大きな負荷がかかってしまいます。心不全や心筋梗塞・脳梗塞が起き、急死した人もたくさんいるのです。特に、冬場は温度差が激しくなるため注意しておかなければなりません。浴室暖房があれば、ヒートショックを未然に防ぐことができます。

さらに、梅雨時期の洗濯物干し場には最適です。雨の日が続くと、洗濯物も十分に乾きませんよね。しかし、浴室暖房がついている浴室なら洗濯物がスムーズに乾きます。部屋の中に干してしまうと、湿気がこもるので大変でしょう。

1-2.「電気式」と「ガス温水式」

浴室暖房の大まかな種類は、2つの熱源にわかれます。「電気式」と「ガス温水式」です。

「電気式」は、名前のとおり「電気」によって動くタイプになります。電気式でも、セラミック・ハロゲンヒーターなどさまざまな種類があるのです。どのくらい電気が必要になるのか、100V~200Vなど量によって効果も異なります。

一方、「ガス温水式」は、お湯を浴室暖房機に循環することで熱を放出している仕組みです。お湯は、外部に設置した熱源機器でつくっています。

エコタイプの給湯システムと併用しつつ、ガス温水式を利用する人も増えてきました。「電気式」か、それとも「ガス温水式」どちらにするのかが最初の選択になるでしょう。

1-3.設置方法や搭載機能の違い

浴室暖房の種類は、「設置方法」や「搭載機能」にも違いがあります。設置方法は、主に、天井埋め込みタイプ・壁かけタイプ・天井つけタイプの3つです。浴室の大きさや、マンション・一戸建てによっても適切なタイプが異なります。

最近は、天井埋め込みタイプが多く、すっきりとした空間に収めることができるでしょう。新築を考えている人は、天井埋め込みタイプがおすすめです。

後から取りつける場合は、天井つけタイプか、壁かけタイプになるでしょう。また、メーカーによっても搭載機能が異なります。乾燥機能がついている浴室暖房の人気が出てきているようです。搭載機能にもぜひ注目してくださいね。

2.工事費と電気代はどのくらい?

2-1.浴室暖房を設置した場合の電気代は?

浴室暖房の設置を検討している人は、「電気代」が気になっていることでしょう。電気代が高くなると、設置もあきらめますよね。実際、浴室暖房の電気代はどのくらいになるのでしょうか?

運転モードや浴室暖房の種類によって異なりますが、およそ1時間運転で0.4円~32円かかります。衣類乾燥や強暖房にすると電気がたくさん必要になるため、1時間30円はかかるでしょう。しかし、換気だけの場合は、0.4円~1円で済みます。どのような機能を使うのかによっても、大きく電気代が変わってくるのです。

最近はエコ重視の浴室暖房乾燥機も登場しています。電気代が気になる人は、消費電力がカットできる種類に注目してみてはいかがでしょうか?

2-2.浴室暖房乾燥機の工事費は?

浴室暖房の設置は、本体そのものの値段だけではありません。電気代はもちろん、設置するための工事費も必要になります。工事費は、いったいどのくらいになるのでしょうか。依頼する業者によっても異なりますが、だいたい40,000円~50,000円かかると考えておいてください。業者の中には、浴室乾燥の種類によって30,000円で済む場合もあります。

設置方法や種類によっても異なるので、数社の業者を比較すると良いでしょう。浴室暖房乾燥機の工事費をできるだけ抑えるためには、比較が大切なポイントになります。見積もりを依頼した後、数社の見積もりを必ず比較してください。比較すると、どこが最も安いのかわかりやすくなるでしょう。

3.設置業者に依頼する際の注意点

3-1.「見積もり」を必ず確認する

設置業者に依頼する際、必ず「見積もり」を確認してくださいね。しっかり見積もりを確認しておかなければ、後でトラブルになってしまいます。見積もりに疑問点があれば、すぐに業者へ確認をとってください。中には、適当に受け流す、説明をしてくれない業者もいるので要注意です。適当にはぐらかす業者は、悪徳業者の可能性があります。ほかの業者から出た見積もりと比較してみて、異常に費用が高かったり安かったりする場合は注意してくださいね。後で追加料金を請求してくる悪質な業者もいるため要注意です。

3-2.施行内容を確認する

どのような方法で設置をするのか、取りつけ方、施行内容の確認も必ずしてください。
実際に、変な取りつけ方をして、浴室暖房が機能しなくなったケースもたくさんあります。悪徳業者は、手抜き工事をするのです。そのため、施工内容は依頼する前に確認しておく必要があります。

また、実際の事例があれば、見せてもらいましょう。インターネットで口コミや評判をチェックするのも1つの方法です。自分にとって安心できる業者を選ぶためにも、さまざまな面から調べてください。悪徳業者に引っかからないためにも、きちんと確認しましょう。

4.まとめ

浴室暖房のメリットや種類、工事費と電気代、設置業者に依頼する際の注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか? 浴室暖房の設置を考えている人には、ぜひ知ってもらいたい内容ばかりです。基礎知識を身につけておけば、悪徳業者にだまされることはありません。自分の目的に合った浴室暖房を選ぶことができるでしょう。満足いく浴室にするためにも、依頼する前に基礎知識を身につけてくださいね。

  • 「ヒートショックの防止」と「洗濯物の室内干し」の2つが主なメリット
  • 電気式とガス温水式の2種類
  • 天井埋め込みタイプ、天井つけタイプ、壁かけタイプの3種類
  • 搭載機能にも注目する
  • 浴室暖房をつけた場合の電気代はおよそ0.4円~30円
  • 工事費はおよそ40,000円~50,000円
  • 「見積もり」を必ず確認する
  • 複数業者の見積もりを比較する
  • 施行内容を確認する

以上のポイントは、頭の中に入れておいてください。いろいろな浴室暖房をチェックしてから、じっくり選んでいきましょう。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

関連記事

    ※関連記事はありません。