カテゴリー:お風呂について

お風呂について

朝風呂のメリット・デメリットは?実は怖い?健康への影響や危険性も?!

朝、お風呂に入ることで目を覚ましてすっきりとした気分で1日をスタートさせる。このような人は多いことでしょう。確かに、朝に入浴すれば寝汗なども流せて気持ちがいいものです。しかし、朝風呂はメリットばかりではありません。入り方によってはデメリットもあり、命の危険についても指摘されています。注意点を知らずに朝風呂を習慣にしていると、健康に悪影響を受けることもあるのです。

そこで今回は、朝風呂のメリットとデメリットを解説します。注意点を守って安全に入浴しましょう。

  1. 朝風呂のメリットは?
  2. 朝風呂のデメリットは?
  3. 朝風呂を安全にする方法
  4. 朝風呂のメリット・デメリットまとめ

この記事を読めば、安全な朝風呂の入り方がよく分かるでしょう。朝風呂を習慣にしている人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。


お風呂について

赤ちゃんの正しいお風呂の入れ方は? 意外に知らないことが多い?

赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、毎日入浴が必要です。赤ちゃんの入浴というと、お父さんが抱っこして一緒に入るというイメージを持っている方も多いでしょう。しかし、赤ちゃんの肌は大人より薄く、入浴には注意が必要です。

そこで今回は、赤ちゃんをお風呂に入れるときの注意点や正しい入れ方をご紹介しましょう。これから冬にかけて肌が乾燥しやすい季節です。お風呂の入れ方によっては、赤ちゃんが肌トラブルを起こしてしまいます。ぜひ、この記事を読んで正しい入浴方法の参考にしてください。

  1. 赤ちゃんの肌は薄くてデリケート
  2. 赤ちゃんをお風呂に入れるときの注意点は?
  3. 赤ちゃんを入浴させる手順は?
  4. 動ける赤ちゃんによる事故に要注意

お風呂について

節水したいあなたに! 少ない水で食器洗いをするための7つの心得

食器洗いで水道を流しっぱなしにすると、5分間でなんと60ℓ!(東京都水道局より)。まさか、5分も流しっぱなしにする人はいないと思います。で も、なにげなく流しっぱなしにしていませんか? 少ない水で食器をキレイにするには、どんな方法があるのでしょうか。

節水には食器洗い機がいいといわれますが、ここでは手洗いの場合を紹介します。ぜひ知っていただき、節水上手になってください。

  1. こんなに違う節約の効果
  2. 少ない水で食器をキレイにする7つの原則
  3. 意外に知られてない節水法
お風呂について

風呂の残り湯の再利用方法は?上手に再利用して節約しよう!

「風呂の残り湯をそのまま捨てるのがもったいない…」と思っている人は必見です。風呂の残り湯にはまだ使い道が残っています。風呂の残り湯を再利用する方法、再利用する際の注意点、給湯器の選び方について説明しましょう。いつも出る残り湯で困っている人は、ぜひ確認してください。

残り湯を上手に利用しながら給湯器の交換・選び方についても確認していきましょう。

  1. 風呂の残り湯を再利用する方法
  2. 再利用する際の注意点
  3. 給湯器の選び方

お風呂について

足湯を自宅で簡単に行う方法とは?より体を温める方法もご紹介します。

夕暮れになると風が冷たい季節になりました。夜間の冷えこみも強くなり、冷え性の方にはつらい季節です。体を温める方法はいろいろありますが、どうしても足先が温まらないという方も少なくないでしょう。

そこで、おすすめなのが「足湯」です。温泉で利用したことがあるという方も多いでしょう。今回は、自宅で簡単に行える足湯のやり方をご紹介します。今は、足湯を行う専用のグッズも販売されていますが、洗面器やバケツがあれば足湯は簡単に行えるのです。

また、より効果の高い足湯のやり方もご紹介します。冷え性の方は、ぜひこの記事を読んで足湯を試してみてください。

  1. なぜ、足湯が冷え性に効果的なの?
  2. 足湯のやり方は?
  3. 冷え性により効果的な足湯のやり方は?
  4. 普段から体を冷やさない生活を心がけよう

お風呂について

お湯でやけどをしてしまった!!正しい応急処置の方法は?

朝晩だいぶ涼しくなり、温かいものが恋しい季節になりました。入浴や食事などでお湯を使う機会も増えるでしょう。それと比例するように、お湯によるやけども増えていきます。お湯によるやけどはそれほどひどい状態にはなりにくい反面、たいしたことがないと思っていると、痛みなどが長引くこともあるのです。

そこで、今回はお湯でやけどをした場合の応急処置方法をご紹介しましょう。やけどは、処置が遅くなると跡が残る可能性があるのです。これからお湯を使う機会が多くなる方はぜひこの記事を読んで応急処置法の参考にしてみてください。

  1. やけどの間違った応急処置とは?
  2. やけどの正しい処置とは?
  3. お湯でやけどをしやすいケースは?
  4. 給湯器の故障に気をつける

お風呂について

お酒とお風呂…組み合わせると危険!どうなる?私たちの体

酔いを覚ますために、飲酒後にお風呂に入る人がいます。実はこの行為、とても危険なことをご存じでしょうか?

お風呂に入りながらお酒を飲むなんてもってのほか。お酒とお風呂は、相性がとても悪いのです。

「お酒とお風呂の相性はなぜ悪いのか?」「飲酒前にお風呂に入るのは問題ないのか?」「入浴中や入浴後に飲酒することはなぜ危険なのか知りたい」そんな人たちのために、お酒とお風呂の相性や入浴前・入浴中・入浴後に飲酒することがなぜ危険なのかをまとめてみたいと思います。

  1. お酒とお風呂の相性
  2. 入浴前・入浴中・入浴後の飲酒が危険な理由

お風呂について

これからの季節必見! お風呂の湯冷め防止法を5つ紹介

これから朝晩が冷え込む時期がやってきます。特に冷え性の人は、体を温める方法について知りたいと思っているでしょう。体を温める方法の1つが、入浴です。しかし、お風呂に入ったのに入浴前より体が冷えていると感じたことはありませんか? そんなときは、湯冷めしているのでしょう。

「お風呂に入ってもすぐ湯冷めしてしまう」「湯冷めはなぜ起こるのか?」「湯冷め防止方法を知りたい」そんな人たちのために、湯冷めの原理や症状、防止方法についてまとめてみたいと思います。

  1. 湯冷めの原理
  2. 湯冷めを防ぐための方法

お風呂について

シャワーの水圧が弱くなる原因は? 水圧を復活させる方法を解説!

シャワーを勢いよく浴びるのは心地がよいものです。毎朝熱いシャワーを浴びて目を覚ましている、という方も多いでしょう。しかし、「引っ越したらシャワーの水圧が弱くなった」「だんだんとシャワーの水圧が弱くなっている」と悩んでいる方も少なくありません。

そこで今回は、シャワーの水圧を上げる方法や水圧が弱くなる原因をご紹介します。水圧が弱くなると「故障かな」と思いがちですが、自分で直せるケースもあるのです。シャワーの水圧を強くしたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. なぜ、シャワーの水圧が弱くなるのか
  2. シャワーの水圧を上げる方法は?

お風呂について

水風呂にはどのような効果があるの? 効果を発揮する水風呂の入り方

「水風呂良いよ~」と知人から言われたら気になってしまいますよね。しかし、本当に水風呂は私たちに良い効果をもたらしてくれるのでしょうか。

暑い日は気持ちが良い水風呂の効果や正しい入り方、注意点について説明します。水風呂が気になっている人はぜひチェックしてくださいね。水風呂の効果を実感するには、正しい入り方を知っておかなければなりませんよ。

  1. 水風呂の効果
  2. 水風呂の正しい入り方
  3. 水風呂に入る際の注意点