カテゴリー:お風呂について

お風呂について

風呂や洗面所の鏡が曇る! 曇りを止める方法は?

今年も残るところあと少しになりました。大掃除に取りかかる方もそろそろ増えてくると思います。さて、家の中で最も汚れがたまりやすいところのひとつが、浴室。特に、鏡が曇ってしまっていたり、うろこ汚れがついたりしたいるおたくも少なくないと思います。

そこで今回は、鏡の曇り止めの方法や汚れの落とし方をご紹介しましょう。鏡についた汚れは意外とがんこです。ですから、ぜひこの記事を読んでピカピカの鏡で新年を迎えてください。

  1. 鏡はなぜ曇るの?
  2. 鏡の曇り止めの方法は?
  3. 鏡にうろこ汚れがついてしまったら?
  4. 浴室や洗面所を常にきれいに保つコツ

お風呂について

【解説】お風呂で傷がしみる! 怪我などでお風呂がつらいときの対処法

「傷口がしみない入浴法」があったら知りたいと思いませんか? ちょっとした切り傷でも、お風呂に入るとしみて痛みを感じるものです。特に小さな子供だと、痛くてお風呂に入るのを嫌がることもあるでしょう。親としても大変ですよね。傷が治るまでお風呂に入らないわけにはいきません。傷口がしみない入浴法を知っておくと助かるはずです。

「傷口がしみてお風呂に入ると痛い」「傷口がしみない入浴法はあるのか?」「しみる傷としみない傷の違いは?」そんな人たちのために、傷口がしみない入浴法についてまとめてみたいと思います。


  1. お風呂で傷がしみる理由
  2. 傷がしみない入浴法
  3. アトピー傷に効果的な入浴方法
お風呂について

魔法びん浴槽とはどんなもの?メリット・デメリットは?

寒くなってくると、浴槽にためたお湯の温度も低下しやすくなります。家族の入浴時間がバラバラの場合、追いだきを何度もくり返して光熱費が高くなるおたくもあるでしょう。今は、浴槽を製造、販売するメーカーが「魔法びん浴槽」という製品を売り出しています。

そこで今回は、この魔法びん浴槽の特徴やメリット・デメリットをご紹介しましょう。
魔法びんのようにお湯がさめにくいと評判の製品ですが、浴室の構造によっても効果は変わってくるのです。

浴室のリフォームを考えているという方や新しく家を建てるという方は、ぜひこの記事を読んで浴槽選びの参考にしてください。

  1. 魔法びん浴槽とは?
  2. 魔法びん浴槽のメリットやデメリットは?
  3. 魔法びん浴槽が適した家は?
  4. マンションの場合は管理規約をよく読んでから
  5. 魔法びん浴槽を設置したい場合はどうすればいい?

お風呂について

高齢者が入浴事故を起こす原因を知ろう!安心して入浴できる方法は?

高齢者の入浴には十分な注意が必要です。ただのお風呂だからと甘く見ていては、入浴事故を起こしてしまいます。実際、高齢者の入浴事故は起きているのです。入浴事故を防ぐためにも家族である私たちがしっかり注意しておかなければなりません。

そこで、高齢者が入浴事故を起こす原因や高齢者が安心して入浴できる方法、入浴事故の対策について説明します。

  1. 高齢者が入浴事故を起こす原因
  2. 高齢者が安心して入浴できる方法
  3. 入浴事故の対策・注意点

お風呂について

シャワーとお風呂どちらのほうがお得?光熱費を節約するポイントは?

お皿洗いやシャワー・お風呂などお湯は日常的に使うものです。できるだけお湯の使用料を減らそうと節約している人は多いでしょう。効率的に節約するには水道代やガス代、給湯器について把握しなければなりません。

そこで、水道代とガス代の比較やシャワーとお風呂どちらが節約できるのか、節約のポイントについて説明します。

  1. シャワーとお風呂どちらが節約できるの?
  2. 水道代・ガス代の比較
  3. 節約のポイント

お風呂について

リラックス効果がぐんとアップ! お風呂で使えるおすすめグッズ!

入浴は、体だけではなく心の疲れを取る効果も期待できます。特に、日本人は湯船にゆっくりとつかる習慣がありますから、入浴時間も長くなりがちです。

そこで今回は、お風呂でよりリラックスできるグッズをご紹介しましょう。入浴中は読書をしたり音楽を聴いたりするという方もいると思います。そこに、すてきな香りや心地よい刺激などがあったら、もっとリラックスできるでしょう。今は、お風呂でリラックスできるグッズもたくさん販売されています。

今回は、その中でもおすすめのものをいくつかご紹介しましょう。入浴タイムにもっとリラックスしたい方は必見です。

  1. 入浴するとリラックスする理由は?
  2. お風呂は退屈?リラックス効果を高めるものは?
  3. おすすめのリラックスグッズは?
  4. リラックスグッズは使い方を守ろう

お風呂について

朝風呂のメリット・デメリットは?実は怖い?健康への影響や危険性も?!

朝、お風呂に入ることで目を覚ましてすっきりとした気分で1日をスタートさせる。このような人は多いことでしょう。確かに、朝に入浴すれば寝汗なども流せて気持ちがいいものです。しかし、朝風呂はメリットばかりではありません。入り方によってはデメリットもあり、命の危険についても指摘されています。注意点を知らずに朝風呂を習慣にしていると、健康に悪影響を受けることもあるのです。

そこで今回は、朝風呂のメリットとデメリットを解説します。注意点を守って安全に入浴しましょう。


朝風呂
  1. 朝風呂のメリットは?
  2. 朝風呂のデメリットは?
  3. 朝風呂を安全にする方法
  4. 朝風呂のメリット・デメリットまとめ

この記事を読めば、安全な朝風呂の入り方が分かります。朝風呂を習慣にしている人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

お風呂について

赤ちゃんの正しいお風呂の入れ方は? 意外に知らないことが多い?

赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、毎日入浴が必要です。赤ちゃんの入浴というと、お父さんが抱っこして一緒に入るというイメージを持っている方も多いでしょう。しかし、赤ちゃんの肌は大人より薄く、入浴には注意が必要です。

そこで今回は、赤ちゃんをお風呂に入れるときの注意点や正しい入れ方をご紹介しましょう。これから冬にかけて肌が乾燥しやすい季節です。お風呂の入れ方によっては、赤ちゃんが肌トラブルを起こしてしまいます。ぜひ、この記事を読んで正しい入浴方法の参考にしてください。

  1. 赤ちゃんの肌は薄くてデリケート
  2. 赤ちゃんをお風呂に入れるときの注意点は?
  3. 赤ちゃんを入浴させる手順は?
  4. 動ける赤ちゃんによる事故に要注意

お風呂について

節水したいあなたに! 少ない水で食器洗いをするための7つの心得

食器洗いで水道を流しっぱなしにすると、5分間でなんと60ℓ!(東京都水道局より)。まさか、5分も流しっぱなしにする人はいないと思います。で も、なにげなく流しっぱなしにしていませんか? 少ない水で食器をキレイにするには、どんな方法があるのでしょうか。

節水には食器洗い機がいいといわれますが、ここでは手洗いの場合を紹介します。ぜひ知っていただき、節水上手になってください。

  1. こんなに違う節約の効果
  2. 少ない水で食器をキレイにする7つの原則
  3. 意外に知られてない節水法
お風呂について

風呂の残り湯の再利用方法は?上手に再利用して節約しよう!

「風呂の残り湯をそのまま捨てるのがもったいない…」と思っている人は必見です。風呂の残り湯にはまだ使い道が残っています。風呂の残り湯を再利用する方法、再利用する際の注意点、給湯器の選び方について説明しましょう。いつも出る残り湯で困っている人は、ぜひ確認してください。

残り湯を上手に利用しながら給湯器の交換・選び方についても確認していきましょう。

  1. 風呂の残り湯を再利用する方法
  2. 再利用する際の注意点
  3. 給湯器の選び方