お風呂について

赤ちゃんの正しいお風呂の入れ方は? 意外に知らないことが多い?

赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、毎日入浴が必要です。赤ちゃんの入浴というと、お父さんが抱っこして一緒に入るというイメージを持っている方も多いでしょう。しかし、赤ちゃんの肌は大人より薄く、入浴には注意が必要です。

そこで今回は、赤ちゃんをお風呂に入れるときの注意点や正しい入れ方をご紹介しましょう。これから冬にかけて肌が乾燥しやすい季節です。お風呂の入れ方によっては、赤ちゃんが肌トラブルを起こしてしまいます。ぜひ、この記事を読んで正しい入浴方法の参考にしてください。

  1. 赤ちゃんの肌は薄くてデリケート
  2. 赤ちゃんをお風呂に入れるときの注意点は?
  3. 赤ちゃんを入浴させる手順は?
  4. 動ける赤ちゃんによる事故に要注意

給湯器について

湯沸かし器が故障した場合の症状は?お湯が出ない場合も故障なの?

寒くなるにつれて、キッチンでお湯を使う機会も増えてきます。お湯をたくさん使う家や、古い集合住宅などはキッチンに湯沸かし器が備えられているところが多いでしょう。湯沸かし器は、欲しいときにすぐお湯が使える便利な道具です。しかし、湯沸かし器が故障すると最悪の場合、命の危険もあります。

そこで、今回は湯沸かし器が故障した場合の症状についてご説明しましょう。お湯が出ないから故障、と決まったわけではありません。しかし、調子の悪い湯沸かし器を使い続けても事故の原因になります。最近湯沸かし器の調子が悪くて困っているという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 湯沸かし器と給湯器の違いは?
  2. 湯沸かし器のお湯が出ない!これって故障?
  3. 湯沸かし器が故障したときの症状は?
  4. 故障した場合は修理と交換どちらがお得?
  5. 湯沸かし器は使い方を守ろう

お風呂について

節水したいあなたに! 少ない水で食器洗いをするための7つの心得

食器洗いで水道を流しっぱなしにすると、5分間でなんと60ℓ!(東京都水道局より)。まさか、5分も流しっぱなしにする人はいないと思います。で も、なにげなく流しっぱなしにしていませんか? 少ない水で食器をキレイにするには、どんな方法があるのでしょうか。

節水には食器洗い機がいいといわれますが、ここでは手洗いの場合を紹介します。ぜひ知っていただき、節水上手になってください。

  1. こんなに違う節約の効果
  2. 少ない水で食器をキレイにする7つの原則
  3. 意外に知られてない節水法
お風呂について

風呂の残り湯の再利用方法は?上手に再利用して節約しよう!

「風呂の残り湯をそのまま捨てるのがもったいない…」と思っている人は必見です。風呂の残り湯にはまだ使い道が残っています。風呂の残り湯を再利用する方法、再利用する際の注意点、給湯器の選び方について説明しましょう。いつも出る残り湯で困っている人は、ぜひ確認してください。

残り湯を上手に利用しながら給湯器の交換・選び方についても確認していきましょう。

  1. 風呂の残り湯を再利用する方法
  2. 再利用する際の注意点
  3. 給湯器の選び方

お風呂について

足湯を自宅で簡単に行う方法とは?より体を温める方法もご紹介します。

夕暮れになると風が冷たい季節になりました。夜間の冷えこみも強くなり、冷え性の方にはつらい季節です。体を温める方法はいろいろありますが、どうしても足先が温まらないという方も少なくないでしょう。

そこで、おすすめなのが「足湯」です。温泉で利用したことがあるという方も多いでしょう。今回は、自宅で簡単に行える足湯のやり方をご紹介します。今は、足湯を行う専用のグッズも販売されていますが、洗面器やバケツがあれば足湯は簡単に行えるのです。

また、より効果の高い足湯のやり方もご紹介します。冷え性の方は、ぜひこの記事を読んで足湯を試してみてください。

  1. なぜ、足湯が冷え性に効果的なの?
  2. 足湯のやり方は?
  3. 冷え性により効果的な足湯のやり方は?
  4. 普段から体を冷やさない生活を心がけよう

美容・健康について

【チェック】お風呂に入るとかく汗の量はどのくらい?入浴時に気をつけることは?

お風呂に入るのが気持ちのよい季節になりました。お気に入りの入浴剤を入れてゆっくり入浴すれば、疲れも取れやすいでしょう。しかし、入浴中は思っている以上に汗をかきます。気をつけなければ、思わぬ事故の原因になるかもしれません。

そこで、今回は入浴中にかく汗の量についてご紹介しましょう。お風呂の温度や入る時間などによっても汗の量は変わってきます。

また、入浴がダイエットになると思っている方にも、耳寄りな情報をご紹介しましょう。お風呂の上手な入り方を知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 入浴中にかく汗の量はどのくらい?
  2. 入浴中にかく汗とダイエットの関係
  3. 効率的に汗をかく入浴法は?
  4. 温泉の入り方にも応用しよう

お風呂について

お湯でやけどをしてしまった!!正しい応急処置の方法は?

朝晩だいぶ涼しくなり、温かいものが恋しい季節になりました。入浴や食事などでお湯を使う機会も増えるでしょう。それと比例するように、お湯によるやけども増えていきます。お湯によるやけどはそれほどひどい状態にはなりにくい反面、たいしたことがないと思っていると、痛みなどが長引くこともあるのです。

そこで、今回はお湯でやけどをした場合の応急処置方法をご紹介しましょう。やけどは、処置が遅くなると跡が残る可能性があるのです。これからお湯を使う機会が多くなる方はぜひこの記事を読んで応急処置法の参考にしてみてください。

  1. やけどの間違った応急処置とは?
  2. やけどの正しい処置とは?
  3. お湯でやけどをしやすいケースは?
  4. 給湯器の故障に気をつける

給湯器について

お湯が出ない原因は? 給湯器トラブルを把握して正しく対処しよう!

突然お湯が出なくなると、とても不便ですよね。それだけではなく、お風呂に入れなくなるなど、生活への支障をきたす恐れがあります。お湯は、給湯器で水を温められて供給されていて、お湯が出ない不具合のほとんどは、給湯器の故障が原因ではないかと考えられるでしょう。

しかし、突然の不具合に戸惑うことばかりで、なぜお湯が出なくなってしまったのか、本当に故障であるのかどうかを確認していないケースも。また、故障で あった場合に、どこに修理の依頼を出せばいいのか、よく理解していない方々がほとんどでしょう。お湯が出ないトラブルについてご紹介します。

  1. お湯が出ない場合に考えられる原因
  2. 故障かどうか確認する方法
  3. 修理の依頼先
  4. 注意点について

給湯器について

太陽熱温水器の特徴やメリット・デメリットは? 知っておきたい仕組み

最近では「エコ」に特化した給湯器がたくさん登場しています。自然エネルギーを最大限活用して消費電力を減らす「エコ家電」はこれから先大活躍するでしょう。自然環境を保護しつつ、節約効果にもなるので一石二鳥です。さまざまなエコ家電が登場していますが、「太陽熱温水器」について詳しく説明します。

太陽熱温水器の特徴や仕組み、メリット・デメリット、目安の費用をチェックしていきましょう。太陽熱温水器について気になっている人は要チェックです。

  1. 太陽熱温水器の特徴や仕組み
  2. 太陽熱温水器のメリット・デメリット
  3. 太陽熱温水器の費用

給湯器について

【重要】給湯器の寿命は何年くらい?こんな症状が出たら要注意

「給湯器が突然故障し、困ってしまった」という経験がある人は多いことでしょう。給湯器は8~13年程度で寿命を迎えます。その前に特徴的な症状が出ることもありますが、気づかない人も珍しくありません。寿命の前兆を見逃すと、「ある日突然給湯器が壊れ、お湯が使えなくなった」と慌てることになります。

そこで今回は、給湯器の寿命や、寿命が近い給湯器にありがちな症状などを解説しましょう。

  1. 給湯器の寿命は何年くらい?
  2. 給湯器の種類によって寿命の長短はあるの?
  3. こんな症状は要注意
  4. 修理と交換、どっちがお得なの?
  5. 給湯器が故障しやすい条件ってあるの?
  6. 給湯器を交換したい場合の注意点とは?
  7. おわりに

この記事を読めば、給湯器を交換するタイミングや新しい給湯器の選び方、業者への依頼方法などもよく分かります。給湯器の寿命について知りたいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

給湯器の寿命って?