給湯設備の種類・方式にはどのようなものがあるの?失敗しないための選び方

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

お湯を沸かす給湯器にもさまざまな種類があります。
生活スタイルや使用用途によって自分に合った給湯器を選ぶことが大切です。
給湯器の種類や方式、仕組みや特徴、選択基準、種類別設置時の注意点について説明します。
給湯設備の設置を考えている人は、ぜひチェックしてくださいね。
満足いく給湯器を設置するためにも、必要な知識を身につけておきましょう。

目次

  1. 給湯設備の種類と方式
  2. 選択基準について
  3. 種類別設置時の注意点
  4. まとめ

1.給湯設備の種類と方式

給湯設備の種類は非常に豊富です。
種類によって特徴が異なるため、選択する前にチェックしておいた方がいいでしょう。
また、方式による仕組みも変わってきます。
どのような種類や方式があるのか、一緒に確認していきましょう。

1-1.給湯設備の熱源はガス・電気・石油の3種類

給湯設備の種類は、熱源の違いから始まります。
熱源は、“ガス”“電気”“石油”の3種類です。
3種類の中でも1番一般的なのは、“ガス”になるでしょう。
ガスタイプの給湯器は、狭いスペースでも設置できるメリットがあります。
ガス給湯器で注目度があがってきているのは、高効率ガス給湯器と呼ばれている“エコジョーズ”です。
石油タイプの給湯器は、ランニングコストが低い特徴を持っています。
できるだけ給湯器にかかる費用を抑えたい人は、石油タイプの給湯器を選ぶ傾向が強いですね。
しかし、最近は石油代も高くなってきているのがデメリットになっています。
そして、電気タイプの給湯器は、火を使わないので安全性に優れているのがメリットです。
電気代が安い深夜電力を使うでしょう。

1-2.幅広い給湯器の役目

給湯器の種類は、給湯器の役目を見るとわかります。
給湯設備には、「給湯」「風呂」だけのタイプと、給湯・風呂どちらとも使うことができるタイプがあるでしょう。
給湯器の使用目的によって適切な種類も異なるため、ぜひチェックしてくださいね。
また、最近は、風呂や給湯と同時に、暖房効果も期待できる“多機能型”が出てきています。
さまざまな場面に給湯器を使いたい人は、多機能型がおすすめです。
床暖房はもちろん、浴室暖房乾燥にも効果的だと言われています。

1-3.2種類ある給湯設備の給湯方式

給湯設備の給湯方式には、“瞬間式”と“貯湯式”の2種類があります。
それぞれお湯を沸かす仕組みが異なるので、チェックしておきましょう。
瞬間式は、瞬間的にお湯を沸かす仕組みになっています。
水栓を開けたらすぐにバーナーが着火して燃焼、水を瞬間的に温めるでしょう。すぐにお湯が欲しいときは最適です。
また、水圧をそのまま利用できるため、パワフルシャワーも楽しめるでしょう。
そして、貯湯式の給湯設備は、水をためるタンクにお湯をためる方式になります。
瞬間的に温めるのではなく、ゆっくりお湯を沸かすタイプです。
そのため、温度のばらつきがなくなります。
一定のお湯で楽しみたい人には、おすすめの給湯方式になるでしょう。
基本的に、瞬間式はガス給湯器が多く、貯湯式は電気給湯器が多いです。

12